罪とか罰とかのレビュー・感想・評価

メニュー

罪とか罰とか

劇場公開日 2009年2月28日
8件を表示 映画レビューを書く

パルクフィクションみたいだ

都合が良すぎるけど、面白かった。パルクフィクションみたいだ

ぺあの
ぺあのさん / 2017年8月16日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い!おもしろいのだけれどオススメはしません。 好きな人ならとい...

面白い!おもしろいのだけれどオススメはしません。

好きな人ならというコネタを楽しむ作品。

yonda?
yonda?さん / 2017年5月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ケラさんにしてはわかりやすい方かと。

ケラさんにしては話がすっきりとしてわかりやすかった。
大倉さんに山崎さんが 海賊帽かぶせるとこが、なんか良かった。

こうめ
こうめさん / 2014年5月18日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

30点 すごくつまらな・・好きなひとにはたまらない作品でした

(2011/12/22)

30分観てあきらめた
俳優陣は 個性がそろってるのに 脚本がしょうもな・・好きな人にはたまらない内容。

監督さんの気持ちは理解できるけれど
      空回りして・・空回りしています!

2013年3月18日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5分観た時に違和感が… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最初のサラリーマンのストーリーに興味津々になるはずでしたが
私は作品を間違えたと思い(そんなはずは無いのに)ディスクを確かめました、気を取り直して見始めましたが、全然面白くならなかったです
舞台なら楽しめたかもしれません
この監督の作品には二度と近づかないようにします

スノークの息子
スノークの息子さん / 2010年4月6日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しっかりインモラル

笑ったらいけないと思いつつ笑ってしまう。
まじめに道徳を語るより反面教師的に道徳を学べる!?
中途半端な堅い告発よりも明るく啓蒙できるかも

takesuke
takesukeさん / 2009年3月11日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シュール

ツボにはまってしましました。くだならくて、シュールなところがいい。いろいろな登場人物の視点で、描かれてる構成も好きです。
また見たくなる作品です。

ぷらねっと
ぷらねっとさん / 2009年2月13日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

とても耐えられるストーリーではありません

 監督は劇団ナイロン100℃を主宰するケラリーノ・サンドロヴィッチ。下北沢界隈とか、アングラ演劇界では人気の演出家のようです。

 そんなわけで、全編ナンセンス&ブラックユーモアで、苦笑の連続(^^ゞ生理的に受け付けられない小地蔵は、苦痛でした。

 冒頭の一見意味ないひき逃げ事件が、後半の重要な伏線になっているなど、映画のストーリー構成には巧みさは感じます。だからケロ監督がまともに映画を作れば、『アフタースクール』みたいなどんでん返しの面白い作品が作れるでしょう。
 ただ悲しいかな、ケロ監督は演劇の手法から抜け出せず、そのまんま映画にしてしまうのですね。

 元カレ・春樹は、20人も人を殺しているのに、刑事になっているのです。罪の意識から自首しようとする春樹に、副署長はそれでは死刑になると命令として自首を止めさせるという話なんで、もうむちゃくちゃです。
 主人公のアヤメだって、春樹に以前殺されかけていたのに、春樹が落ち込んで自首したら一生懸命慰めて、殺人なんて対したことないから、前向きに考えて頑張ろうよと励ますのです。

 そういうギャグを楽しめるファンの方ならいいのですが、普通の感覚の人には、とても耐えられるストーリーではありませんでした。

 但し、試写会では本作品のCMでナレーションを担当したオードリーが登場。生で春日の存在感を味わえたのは、よかったです。二人が登場すると大歓声!さすがに人気ありますね。春日の上から目線は、並みいる登壇者から観客の目線を一気に釘付けにするくらい強烈な個性を感じさせました。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2009年2月13日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi