シネマ歌舞伎 人情噺文七元結
ホーム > 作品情報 > 映画「シネマ歌舞伎 人情噺文七元結」
メニュー

シネマ歌舞伎 人情噺文七元結

劇場公開日

解説

歌舞伎の舞台公演をスクリーンで上演する「シネマ歌舞伎」の第6弾。日本映画界が誇る巨匠・山田洋次監督が中村勘三郎の要請で初めて歌舞伎の演出を手がけ、三遊亭円朝の創作落語を原作とする名作世話話「人情噺文七元結」に挑む。左官の長兵衛は腕も人もいいが無類の博打好き。借金がかさむばかりの父を見かねた娘のお久は、ついに吉原に身を売る決心をして妓楼を訪れる。事情を知った妓楼の女房・お駒は長兵衛を諭して50両を貸し与えるが……。

スタッフ

監督

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 87分
備考 ODS
オフィシャルサイト  

「シネマ歌舞伎」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi