ハート・ロッカー インタビュー: キャスリン・ビグロー監督が語るイラク戦争のリアル

ホーム > 作品情報 > 映画「ハート・ロッカー」 > インタビュー > キャスリン・ビグロー監督が語るイラク戦争のリアル
メニュー

ハート・ロッカー

劇場公開日 2010年3月6日
2010年3月4日更新

本年度のアカデミー賞で9部門にノミネートされている話題作「ハート・ロッカー」が、今週末ついに日本公開を迎える。現在も進行中のイラク戦争下のバグダッドを舞台に、爆発物処理に従事する特殊部隊EODの活躍をサスペンスフルに描いた本作について、「K-19」以来7年ぶりにメガホンをとり、来る第82回アカデミー賞でも監督賞の最有力と目されているキャスリン・ビグロー監督に話を聞いた。(取材・文:中島由紀子)

キャスリン・ビグロー監督インタビュー
「監督として自分に出来ることは、戦争の一部を見る人に体感してもらうこと」

撮影中のキャスリン・ビグロー監督。もしオスカー受賞となれば、女性としては初のアカデミー賞受賞監督に 撮影中のキャスリン・ビグロー監督。もしオスカー受賞となれば、女性としては初のアカデミー賞受賞監督に

──このストーリーに惹かれた理由を教えて下さい。

「前線のEOD(爆弾処理班)に従軍したマーク・ボール(脚本)がEメールをくれたことから始まったの。彼からのメールを読んでいて、知らない世界の中に引き込まれて行ったわ。こんなに危険な仕事に毎日毎日携わるってどういう事なんだろう? 世界でもっとも危険な仕事? それを自ら選ぶ人ってどんな人?……どんどん好奇心が膨らんでいったわ。

極限の恐怖にさらされる爆弾処理班の緊張の日々が描かれる 極限の恐怖にさらされる爆弾処理班の
緊張の日々が描かれる
[拡大画像]

イラク戦争はいろいろな形で使われている爆弾に振り回されてるのが特徴のひとつでしょう? マークも『これはまだ報道されてない、普通には知られていない仕事で、こんなふうに戦争に関わっている人もいるということを世間に知らせたいという気持ちがどんどん強くなっていった』と言ってるわ。それでもまだ私には掴みようのない抽象的な世界に見えてたけど、マークがその気になったらすごい映画になる可能性があると感じて、映画化への思いも増していったの。マークが帰ってきて即刻映画化の可能性を話し合ったわ」

──時間的にはどれくらいかかったんですか?

「マークとの話し合いがスタートしたのが2005年だから4、5年はかけたということね。映画作りというのは長い時間がかかるコミットメントだから、選んだストーリーを信じてまっしぐらに進む気持ちがないとできないことなの。一旦始めたら後には引けない。製作費は簡単に集まると確信してたわ。低予算のほうが口出しが少ないからやりやすいの。あまり多い予算は望んでないし」

──監督が女だから男だからという見方はもう古過ぎますが、女の感性というものが細かい選択に当然顔を出すと思います。

「監督の判断や決定にはその人の人生体験が当然もの差しになる訳だから、私が決めたことには女の感性が動いているでしょうね。ただしそれは意識的なものではなくて無意識の中で自分の女としての人生体験の色合いが出るということだと思うわ。つまりキャスリン・ビグローの色合いが出るということでしょう」

主人公ジェームズ三等曹長を演じたジェレミー・レナーもオスカーにノミネート 主人公ジェームズ三等曹長を演じた
ジェレミー・レナーもオスカーにノミネート
[拡大画像]

──一般的に男と女の戦争に対する反応は違うと思います。あなた自身と戦争との関係は?

「確かに男と戦争の関係と女と戦争の関係は違うと思う。でも、サバイバルということでは男女の性別はないと思うのね。サバイバルは人間の基本的な本能で、誰もが生き残るにはどうするべきかという触覚みたいなものを持ってるはず。戦争をサバイバルするって本当に大変なことでしょう? アメリカ人として戦争というものに心を痛めているわ。すごく複雑で奥深いものだから、良い悪い、白か黒か、みたいな簡単な結論を出せないわね。

でも、『戦争によって信じられないほど人間の命が犠牲になっている』という部分は皆がきちんと直視するべきだと思うの。その部分は映画のなかで手抜きをしないではっきり描かなくてはならないと思っていたわ。フィルムメーカーとして自分にできることは、判断を下すことで、自分の意見を押し付けることではなく、無数の人間の命を犠牲にしている終わりの見えない戦争の一部を見る人に体感してもらうということなの。結果、それぞれが自分なりの意見を見つけてくれば、それでいいのよ」

>>キャスリン・ビグロー監督 インタビュー その2

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

外科医の日記を思わせる叙述。サスペンスが身体の芯に伝わる
映画評論

テーブルの下に爆弾が仕掛けられている。それが爆発すればただのアクション映画にしかならないが、いつ爆発するかわからない状態でテーブルを囲む人々がポーカーに興じていればサスペンス映画が成立する。このわかりやすい定義を下したのは名匠ヒッチコ...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ハート・ロッカー【期間限定価格版】[DVD] 【おトク値!】ハート・ロッカー[Blu-ray/ブルーレイ] ハート・ロッカー[DVD] ハート・ロッカー 【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ]
ハート・ロッカー【期間限定価格版】[DVD] 【おトク値!】ハート・ロッカー[Blu-ray/ブルーレイ] ハート・ロッカー[DVD] ハート・ロッカー 【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2013年2月2日 最安価格: ¥1,944 発売日:2016年3月16日 最安価格: ¥2,165 発売日:2010年9月2日 最安価格: ¥4,104 発売日:2010年9月2日 最安価格: ¥5,076
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全102件)
  • 異色の戦争映画 見終わった後、少し物足りない気分にはなったものの、今までこんな戦争映画見たことなかった。リアリティーがあり、ただのアクション映画とはちがうし、ド迫力の演出も見事だった。 ...続きを読む

    ジンジャー・ベイカー ジンジャー・ベイカーさん  2017年3月17日 23:23  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • イラクでのリアルをアメリカ目線で描いた映画。カメラワークやリアルな... イラクでのリアルをアメリカ目線で描いた映画。カメラワークやリアルな演技がドキュメンタリーを思わせ、その緊張感から手に汗握る。 シリアルの棚を前に苛立つ姿が印象的。彼のリアルは戦地なのだ。テロ=悪... ...続きを読む

    yuitos yuitosさん  2017年2月25日 00:48  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 極限状態。 原題の意味を調べたら、"《hurtは損傷・苦痛の意。米国の軍隊における俗語》極限まで追い詰められた状態。また、棺桶のこと。" だそうで。爆弾処理班の一歩間違えば、The endの状態が、ひしひし... ...続きを読む

    fukui42 fukui42さん  2017年2月9日 14:19  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi