憐 Ren
ホーム > 作品情報 > 映画「憐 Ren」
メニュー

憐 Ren

劇場公開日

解説

人々を「有用」と「不要」に分ける500年後の未来から、「不要」であるために「過去流しの刑」で現代に送られてきた朝槻憐。未来世界のコンピュータ「時の意思」により、憐は学校と自宅以外では誰にも認識されない「孤独の刑」も与えられていた。しかしクラスメイトの鳴瀬玲人だけは憐を認識し次第に惹かれていくが、ある日謎の転校生シュウがやってきて……。主演は「赤い糸」の岡本玲、「カフェ代官山」の馬場徹、原作は水口敬文の同名ライトノベル。

スタッフ

監督
脚本
尾上史高
原作
水口敬文
撮影
橋本彩子

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 ベドラム
上映時間 101分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi