ラブファイトのレビュー・感想・評価

メニュー

ラブファイト

劇場公開日 2008年11月15日
5件を表示 映画レビューを書く

作品自体の“売り”がどこにあるのか今ひとつ掴めない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

やば!北乃きいちゃんめちゃ可愛い。しかもパンチラ見せ放題で、「疲れた中年が好き…」って(*^_^*)グフフ

大沢たかお初プロデュース作品は、女の子に守られるのを恥ずかしく思っている男の子がボクシングを通して成長する物語。

主人公の林遣都君が元ボクシング日本チャンピオンの大沢たかおと出会ってボクシングを始めるのだが、面白かったのは北乃きいちゃんに見つかって彼女もボクシングを始める辺りまでかな。

この後、大沢たかおと桜井幸子の元恋人コンビの話がメインになって来るので、暫くの間2人は蚊帳の外に…。

一応は若い2人と、元恋人だった2人との話を対比させているのですが、正直言って、お互いに落ちぶれた話や、何だか分からないドキュメント映画のスパーリングをする話等はそれ程上手く組み込まれているとは思えない。ただ単純に別れた2人が再会するだけで良いじゃないか…。
それにしても、あんな下手な再会場面は無いよなぁ〜。

細かいエピソードもどこかで出て来るものばかり。顔面を殴れないのは「明日のジョー」での力石戦後の話だし新味は無い。
因みに、大沢たかおの昔のリングネームは“ジョー大木”でしたね。

ところで、流石にプロデューサーとなるとやりたい放題出来る様で、北乃きいちゃんとのキ○シーンはどうなのよ?…っと。

主演の若い2人は少しでもボクサーに見える様にと頑張っていて、テレビ等で流れているメイキングでは本物のボクサーの様に見えていたのに、肝心の本編の中では、あまり上手く見えていないのがちょっと可哀相でした。

奥田さんがちょっと怖い。「あたしの16歳をめちゃめちゃに…」のところは、大笑いする場面ですよね…ですよね?

林君って前々から思っていたんですが、顔立ちは整っているのに身体と顔のバランスが妙にあっていない気がするんですけどねぇ〜。
そして相変わらず走り方が何となく変だ!

作品自体の“売り”がどこにあるのか今ひとつ掴めないままエンディングへ。

(2008年11月27日新宿バルト9/スクリーン7)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年4月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

林くん、北乃さん、大沢さん、桜井さんファンの評価でございます

えっ、うそ?これでおわり??
それは、ないでしょ~~!!!

◇   ◇

自宅テレビ前で1人叫んでしまいました(苦笑)

原作に忠実に作ったのかもしれませんが、
あの展開なら、その後の高校生活と、ボクシング競技が
どうなったのか、エンドロールの片脇でもかまいませんので
幼稚園バトル終了後の後日映像を流してもらいたかったです。

それで、
女の子には「遣都くんカッコよかった~~」
男の子には「きいちゃん、かわいかった~。カッコよかった~。○○パンだよね」と
わいわい盛り上がってもらうテイストにしたほうがよかった気がします。

配給東映ですけど低予算だったのかな。
音楽を使うべき場面を無音で行ってしまったり、
ボーリング場は照明の色や明るさを見るかぎり、
1日で幾つかのシーンをまとめ撮りしていますよね。

もう少し、その辺りも配慮をしてもらいたかったです。

◇   ◇

林くんのボクシングシーン、
かなりサマになっていました。

しかし、それを上回っていたのが北乃さん。
『ごきげんよう』だったかな。毎日家で腹筋や
腕立てをしている、と小堺さんに話していましたが、
ボクシング、蹴り、縄跳び、ステップワークなど、
付け焼刃の素人には見えませんでした。

細かく時間は計っていないので
正確ではありませんが、ボクシングに関するシーン。
合計したら、北乃さんのほうが長いのではないでしょうか。

『ハルフウェイ』の切れ味鋭い右ストレート
『BANDAGE』の力強く振りぬかれた右インステップキック

すべては、ここで培われたのでしょう。

☆彡     ☆彡

こんな具合にファンの私が
ああだ、こうだ言っていますから
作品目当ての人が来たらいったい・・・。

変な話、
早期の打ち切りは正解だった気がします(苦笑)

もしかしたら、
こんな映画出演してたんだ

良い意味?悪い意味?
林くん、北乃さんにとって、
貴重な、幻の作品になるかもしれませんよ(笑顔)

septaka
septakaさん / 2010年1月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若いって、イイな~!

大沢たかお初プロデュース作品。林 遣都と北乃きい、若い2人がパワー全開で弾けた“痛~いラブストーリー”。とっても楽しめました。
 もおね、若い2人が一生懸命!『好き』と素直に言えない不器用な高校生を、等身大で思いっきり熱演しています。観ていてストーリーにひき込まれましたし、とにかくスッゴく応援してしまいました。カワイイし、真っ直ぐだし、いや~も~、若いってエエな~(^^;!!
 でもこの映画、ただただ可愛らしいラブストーリーなのではなく、“最強美少女とヘタレ男子”による“拳闘恋愛ムービー”なのです。これがまた新鮮でイイ!カワイイ顔して不良たちを叩きのめす北乃きいちゃんが、ケンカの後に見せる“してやったり!”って顔が、もお何とも言えんくらいエエ顔!そして何よりも映画の舞台が大阪!コレがもおピッタリハマッております。今回関西弁も、違和感なく聞いてられましたので、そう言った点でも関西人である吾輩にとっては、観ていてとっても心地良かったです。
 若い2人の“恋バナ”がメインとして描かれていますが、大沢たかお演じる大木と桜井幸子演じる順子が織り成す“大人の恋バナ”も、なかなか切なくてイイです。まあベタなお話ではあるんですが、決してメインの“恋バナ”の邪魔をせず、なお且つ映画のストーリーを、大人の観賞にも耐え得る締まった内容にするパートとして、非常に効いています。吾輩世代は特に、好感持って観られると思いますよ。あと、この映画はエンディングが良かったですね~。タイトルロールと疾走感のある主題歌(FUNKY MONKEY BABYSの「希望の唄」)が、バッチリ合っていて最後まで楽しませてくれます。イイね~、ノリノリ!

 とにかく吾輩は、この前日に観た同じ日に公開が始まった「ハッピーフライト」よりも、遥かに感情移入して楽しんで観ることが出来ました。にも拘らず、お客さん、入ってませんね~(興行ランク10位に入れずとは・・・)。ホント残念だわ。

 随分と褒めましたが、苦言も少々。この手の映画としては、チョット長い(上映時間2時間6分)かな~?と感じました。全体的なテンポはよかったと思うのですが、稔が絡むもう一つの“恋バナ”として出てくる“勘違い妄想少女・恭子ちゃん”のエピソードは、要らなかったんじゃないでしょうか?カットした方が、もっと映画自体が締まったものになったような気がします。何かソコだけが映画から、妙に浮いているような感じを受けましたので。


 公開前から一部で話題になった、北乃きいちゃんの“パンチラ・シーン”ですが、確かに作中何度も出てまいります。ただ決していやらしいモンではなく、これも“爽やかなお色気”程度のモンですので、その辺は安心して(どういう意味だ?(^^;)ご覧になってください。

mori2
mori2さん / 2008年11月25日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 単純 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

北乃きいのパンチラ

北乃きいのパンチラだけが印象に残った。
もう少しエロにしたらB+だったかも・・・作品的にはC-
大沢たかおの今後のプロデュースに期待してCにしました。

映画マン
映画マンさん / 2008年11月17日 / から投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

TVで充分かな?

北乃きいと林遣都のラブストーリーかと思いきや、オジサンの大沢たかおの焼けボックリ恋愛も絡んで…
何だかどっちつかずな感じがした。

北乃さんはどう見ても、お嬢様には見えない。
男殴るのが好きって言われても違和感無いのに…
バレエ踊ってるイメージの方に?変な感じっていうか…
彼女が全男性の憧れの的っていう設定に?マーク。。。
もっとお嬢様的なイメージの女の子がボクシングする方が
面白かったかも?

たかおちゃんがボクシングジムやめるって言ってたかと思いきや
そんなに説得されてる風でも無いのに即再開したり…
林君やきいちゃんがボクシング始めて
どれだけ成長するのかと思ってたら
そんな風でも無く…

まぁ…見所はきいちゃんのパンツ丸出しシーンと
跳び蹴りだけかな?

しかし…たかおちゃんはきいちゃんにキスする必要あったの???
するふりだけで良かったのでは??
10代の女の子にとってキスって結構重要だと思うんだけど…
(それがファーストキスならなお更…)

何とも中途半端な映画でした。

レナカナママ
レナカナママさん / 2008年11月16日 / から投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi