片腕マシンガールのレビュー・感想・評価

片腕マシンガール

劇場公開日 2008年8月2日
7件を表示 映画レビューを書く

B級アクションコメディ

B級臭を隠していないところがいい。俳優の棒読み演技、こなれていないセリフ、ガバガバな脚本にツッコミを入れながら観る映画です。

シリアスな場面での「ドリルブラ」には笑いました。

karakuri25
karakuri25さん / 2017年10月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

でた

日本人お得意のパクリ。制作はアメリカというだけで監督もキャストも日本人。ロドリゲスとタランティーノに憧れるのは勝手ですが、パクリはダメですよ。
発想やら映画自体のタッチそのものが恥かしいです。
こんなのに制作費幾ら使ったんだろか?
もう、日本映画は死んでしまったんですね。この映画を知っただけで確信してしまった。ダサすぎです。

ロベルト君津
ロベルト君津さん / 2015年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これこそ!今の邦画に足りないものだ‼︎

この映画を馬鹿にして観てみたら、すごい俺の大好きなジャンルだった!
B級感覚の演出、ありえないスプラッタシーン、何かすごい敵、ストーリーが復讐もの。とても観ていて楽しかった。
井口さんは、天才だ!

ナリ
ナリさん / 2014年8月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もはや反笑い

もうやり過ぎですべてのエグ描写に反笑いしてしまうけど、こういうエクストリームな映画をガンガン海外に輸出することこそクールジャパンだよね!
とりあえず敵キャラは全員道義のない悪いヤツってのがわかりやすい!

cani tsuyo
cani tsuyoさん / 2014年3月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

35点 タイトル・設定にきょうみを引かれたのが 運の尽き。

(2012/6/23)

鼻でわらわれてしまうレベルの
       ギャグ要素が満載

狙った思惑は理解できるけれど、色々ひどい。

さいしょから
 失笑されるくらいB級感をえんしゅつしたかったのかな~

「おまえw ここw これないだろっw」
                 っていう
  身内でたのしむため
 みたいな臭いのようなモノが凄くする作品

2013年3月7日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジャパニーズ・カルトの真骨頂

狙って作られた感満載、チープさ満載のジャパニーズ・カルトムービーです。
血の噴出し方とか、投げやり感満載で最高です。
グラインドハウス+お姉チャンバラ+死霊のはらわた2・・・かな~?

スタッフは全部日本人ですが、製作はアメリカ。各国のファンタスティック映画祭回った後、限定公開直後にDVDリリース。アメリカではほぼDVDスルーみたいな扱い。それでも、カルトが大好きな方々にはおすすめ!

ちなみにAV女優の穂花が出演しています。脱ぎませんが・・・。

dobuboba
dobubobaさん / 2008年7月23日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今年の夏はマシンガール!

メディア・ブラスター東京ショックシリーズ第1弾
「片腕マシンガール」は海外の映画祭で大好評で2008年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭の上映では第2弾の「東京残酷警察」の予告編も合わせて映画祭の目玉となった。

それにしても井口監督は凄い映画を撮ったものだ。
女子高生がちょん切られた腕の変わりにガトリングガンを装着して殺された弟の敵を討つ。こんな作品がいままでの日本映画にあっただろうか?
永井豪原作の「おいら女蛮」ですでにその兆しは見えていたが本作ではそのおバカ度がパワーUP!大いに観るものを楽しませてくれる。

人によってまた様々な楽しみ方が出来るのもこの作品の特徴だろう。
アクション好きにはユーデン鈴村氏による殺陣、ジャージの忍者隊との戦いやラストバトルが見所だし、特殊メイク、特殊造形好きにはアメリカSF映画雑誌ファンゴリアで日本のリック・ベイカーと称賛された西村喜廣氏による片腕アタッチメントやドリルブラ、そして同氏による残酷表現はスプラッター好きにはたまらないだろう。八代みなせのパンチラや亜紗美の匂いたつような芝居に萌える観客もいるだろう。
アメリカではすでにDVDが販売されているがアマゾンでは大人気の為入荷待ちらしい。しかしせっかくのB級エンターテイメント作品なのだから是非映画館でポップコーン片手にグラインド・ハウス気分でワイワイと楽しんで欲しい。

金子サブロー
金子サブローさん / 2008年6月27日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi