チェブラーシカ 全4話完全版のレビュー・感想・評価

チェブラーシカ 全4話完全版

劇場公開日 2008年7月19日
2件を表示 映画レビューを書く

ゲーナが好き ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2010年版を観たときも思ったけど、ロシア版を観て更にゲーナが好きになりました。アコーディオンで、誕生日の歌や人生の歌を歌う静かな彼が愛おしくなりました。チェブラーシカのおうちは電話ボックスだったんだなとか、いじわるなおばあさんは、たくさん掻き回していたんだなとか、発見も楽しい90分でした。ロシアの歌というと思い浮かぶのがパルナスのコマーシャルソング。厳密にはちがうのですが、物哀しい響きで記憶に刻まれる調べが、ゲ−ナの歌と重なりました。入場時にもらった福袋の中にゲ−ナのストラップが__AU_F649__よい記念品になりました。チェブラーシカ・プロジェクトに感謝です。

あんみつ
あんみつさん / 2012年6月10日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

優しいゲーナ

鳥の巣箱は作れなくても油圧機を駆使して子どもたちのために公園を造ってしまう実行力!意地悪ばあさんのシャパクリャークにも「あなたはマダムですから」と座席を譲る礼儀正しさと優しさ。ゲーナは私の理想の男性と言えます。

ひねくれ者のシャパクリャークもなかなかいい味している。翌日が始業式なのに真面目に修理作業をしようとしない労働者たちに喝を入れるところは爽快。実際、オデッサでは「リモント(修理中)」のために文学博物館でも美術館でも観られなかった展示があったからなあ。シャパクリャークみたいにしたかった。

第3話のラストで流れる「今日はとってもいい日だった。過ぎてしまって二度と戻ってこないのは残念だけど、明日はもっといい日だろう」というような歌詞の「水色の客車」を聴いていると心が温かくなります。

Kocmoc Kocma
Kocmoc Kocmaさん / 2008年7月27日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi