ベンジャミン・バトン 数奇な人生 インタビュー: ブラピ、ケイト、フィンチャーが語る「ベンジャミン・バトン」(3)

ホーム > 作品情報 > 映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 > インタビュー > ブラピ、ケイト、フィンチャーが語る「ベンジャミン・バトン」(3)
メニュー

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

劇場公開日 2009年2月7日
2009年2月6日更新

ブラッド・ピットとは、出世作「セブン」「ファイト・クラブ」につづいて3度目のコンビとなるデビッド・フィンチャー監督。上記2作以外にも「ゲーム」「パニック・ルーム」「ゾディアック」といったダークな犯罪映画で知られるフィンチャー監督が、奇妙な人生を綴った本作に惹かれた理由とは? PRのために来日した監督を直撃した。(取材・文:編集部)

デビッド・フィンチャー監督インタビュー
「この映画でも今まで通り結構な数の死体が出てくるよ(笑)」

撮影中のフィンチャー監督とブラッド・ピット。毎回違ったテイストの作品を作るように心がけているという 撮影中のフィンチャー監督とブラッド・ピット。毎回違ったテイストの作品を作るように心がけているという

──本作は、F・スコット・フィッツジェラルドの短編が原作でした。今まで多くの犯罪映画を手掛けてきた監督が、このストーリーに惹かれたのはどんなところなのですか?

「まあ、この映画でも今まで通り結構な数の死体が出てくるんだけど(笑)、生と死についてのメディテーション、そしてすごいラブストーリーがあるってことだよね。原作については正直あまりわからない。なぜなら僕が読んだのはエリック・ロスの脚本で、僕らが映画を作り始める直前、05年くらいまで原作は読んだことが無かったんだ」

12年ぶりに来日したデビッド・フィンチャー監督 12年ぶりに来日した
デビッド・フィンチャー監督
[拡大画像]

──そのエリック・ロスが脚本を書いた「フォレスト・ガンプ/一期一会」と本作は、ともにアメリカ南部を基点に主人公が各地を飛び回る年代記でした。

「うーん。たしかにそうだけど、元々この『ベンジャミン・バトン』はニューオーリンズではなくて、東海岸のボルチモアが基点の話だったんだ。だから、ボルチモアで撮ろうと思ってたんだけど、中々いい感じの古い街並みが見つからなくてね。それで、ニューオーリンズに戻ったら、1920年代を思い起こさせる古くて美しい街並みがたくさんあって、気に入ってしまったんだ(笑)。結局ハリケーン・カトリーナのあとの7カ月をニューオーリンズで過ごしたわけだけど、あそこより他に完璧な場所は無かったと思う。エキストラのみんなもすごく協力的だったしね」

──本作にはどのように関わることになったのですか?

「最初にこの映画の話を聞いたのは、1991年から92年頃。そのときはスティーブン・スピルバーグが映画化権を持っていてトム・クルーズ主演で撮るという話だったんだ。その後、スピルバーグとトムの話は消えて、僕の友達のスパイク・ジョーンズが監督をやるっていう話を聞いた。でもスパイクも結局は監督を引き受けずに企画から去っていった。そのあとにエリック・ロスが入ってシナリオをリライトして、それを読んで気に入った僕が入ることになったんだ。エリックのシナリオは素晴らしかったからね。それで、エリックとプロデューサーのフランク・マーシャル&キャスリーン・ケネディ夫妻と僕の4人でどう撮るかについて話し合いを始めたんだ」

人とは逆の歳の取り方でも、人生が一度なのは普通の人間と同じ 人とは逆の歳の取り方でも、
人生が一度なのは普通の人間と同じ
[拡大画像]

──そのときに話し合った主な内容は?

「エイジング──いかに年をとるか、ということだよ。だけど、僕は特殊効果、ビジュアル・エフェクト出身だから、彼らに心配しなくていいと言ったんだ。彼らも画期的な特殊効果のある映画にたくさん関わっているから、信頼してくれたよ」

──「ゾディアック」も2時間32分と長尺でしたが、今回はさらに15分長い2時間47分でした。最近は意識的に長尺の映画を撮っているのですか?

「次は3時間を超える映画を目指すよ(笑)。というのは冗談として、この映画は男の一生をまるごと描いているから、やっぱり必然的に長くなる。エリックの書いたシナリオは204ページくらいあって、普通に撮ったら3時間24分の映画になるんだけど、これを2時間47分にしたんだから、僕らにしてみれば、最短時間に縮めたようなものなんだ。別に意識的に長くしようといているわけでもないんだよ」

次回作は3時間を超える大作に!? 次回作は3時間を超える大作に!? [拡大画像]

──本作を見ている間、ベンジャミンが老人のとき(=小さいとき)は、スローで時間が長く感じられ、大人になっていくごとに、テンポが早くなっていったように感じられましたが、それは意図的に演出したのですか?

「10歳の子供が感じる1日の長さは45歳の人間が感じる1日の長さと違うといったような“感じ方”の違いについてだよね。もちろん言っていることはよく分かるけど、意図的にやったわけではないんだ。エンディングなんかは念入りに仕上げたシーンがあったんだけど、最終的にはカットして、最も簡潔なものを選んだんだよ」

──ブラッド・ピットとは3度目のコンビですが、やはりドン・シーゲル&クリント・イーストウッド、マーティン・スコセッシ&ロバート・デ・ニーロのような関係を意識していますか?

「ブラッドはあんまり働かないからね(笑)。彼がたくさん仕事をする気になれば、これからいくらでも一緒に映画を作れると思うけど、どうなるだろうねえ」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

後戻りできない人生を歩む私たちの願いの結晶
映画評論

老人として生まれた子供が、成長するにつれ若返り、赤ん坊として死ぬ。そんなとんでもない主人公の設定はすでに映画を見る前から広く伝わっていると思う。だがこれはホラー映画ではないわけだから、そこから生まれるさまざまな人生の問題と物語を、私た...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全122件)
  • 設定が活かせれてない気がする。 デビットフィンチャー大好きなんだけど、恐れ多くも設定が活かしきれてない気がして、結局何が言いたいのか分からなかった。 普通に80年生きてても、大事な人を見送る時は苦しなぁと思いながら見てた。 ど... ...続きを読む

    奥嶋ひろまさ 奥嶋ひろまささん  2018年2月14日 23:46  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 奇妙だけど奥深い良い話。 「ドラマ」というジャンルは私自身あまり見ないので期待はしていませんでした。 ですが終わってみるとバイト前にも関わらず感動していました。 まさに話の内容はタイトルでもある「数奇」という言葉... ...続きを読む

    シノ@映画好き シノ@映画好きさん  2018年1月31日 23:55  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 変わったお話といったところ 若返るという斬新な設定をすなおに受け入れられるかどうか…確かに興味深いけれど、少しでも無理があると感じてしまうと、感情移入が一気に薄れてしまう。 発想自体も前々からあることだと思ってしまうともは... ...続きを読む

    SH SHさん  2017年12月27日 17:46  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー blank13 高橋一生&齊藤工 表現者としての信頼関係語る「互いに言葉が要らない存在」
  • インタビュー パンとバスと2度目のハツコイ 深川麻衣、女優として見据える今後… 一途な初恋の思い出も明かす
  • インタビュー レオン 知英、女優生命をかけたこん身の“オヤジ演技” コメディエンヌとして覚醒
インタビューの一覧を見る
Jobnavi