今夜、列車は走る
ホーム > 作品情報 > 映画「今夜、列車は走る」
メニュー

今夜、列車は走る

劇場公開日

解説

鉄道の民営化により多くの人々が職を失った90年代のアルゼンチン。とある小さな町でも路線の廃止が決定し、労使交渉にあたっていた組合代表が自ら命を絶った。彼の兄カルロスと4人の仲間たちは、補償金と引き換えに自主退職を迫られながらも抵抗を続けていたのだが……。監督・脚本を手掛けるのはアルゼンチンの新鋭ニコラス・トゥオッツォ。出演は「トーク・トゥ・ハー」のダリオ・グランディネティほか。

キャスト

作品データ

原題 Proxima Salida
製作年 2004年
製作国 アルゼンチン
配給 アクション
上映時間 110分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全1件)
  • 何となく救われない... 鉄道が廃止になり、鉄道員達は渋々第2の人生を模索しはじめるが、それはなかなか困難な道のり。何となく救われない... 後味のあまり良くない映画だけど、なんか心に残るものもある。 ...続きを読む

    ピニョン ピニョンさん  2015年7月26日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「今夜、列車は走る」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi