「雄大な桜島と錦江湾にココロをあらわれる」チェスト! septakaさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「チェスト!」 > レビュー > septakaさんのレビュー
メニュー

チェスト!

劇場公開日 2008年4月19日
全5件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

雄大な桜島と錦江湾にココロをあらわれる

鹿児島錦江湾シリーズ第2弾??
『海の金魚』3月上旬九州先行、4月全国順次公開

そちらが公開される前に
観ておきたいと思いDVDで鑑賞させていただきました。

☆彡     ☆彡

なんだか健全な映画ですねぇ
爽やかな風がサーッと吹き抜けた気がしました(笑顔)

ところが後味爽快ながらも
なにやら奥歯にモノが挟まった感じ。

主人公の男の子
なんかの作品で
見たことあるんだよなぁ
なんだったけ、思いだせない・・・・・

鑑賞後、速攻でネット接続。
あ~~、はいはい『おっぱいバレー』(09)ね。
いたわ、中学生6人で「おっぱい、おっぱい」って叫んでたわ(苦笑)

あとは、ヒロインの宮崎さんも
同じように、なんかの作品で見たけど思いだせんと悶々。

『まぼろしの邪馬台国』(09)に出演していました。

と、映画の世界に入りつつも、
『ゲゲゲの女房』で主役をするんだよなぁ、松下さんとか、
元フジテレビアナウンサーの大坪千夏さんが、出てるじゃんとか、
キャストのことが気になってしょうがない。そんな自分に苦笑いを浮かべるしかありませんでした。

◇   ◇

〈 ふるさと(故郷) 〉
〈 人は外から見ただけじゃわからない 〉
〈 つらいときこそ自分のことより他人のこと 〉

小学校のイベントで実施される
鹿児島錦江湾横断遠泳大会を舞台にした小学生たちの成長記録

あらすじは、こんな感じです。

ある子は“かなづち”なのを隠し
ある子は“神経性の腸炎”で苛められ
ある子は“両親の離婚問題”になやみ、
ある子は“大好きな父親を亡くしてしまう”。

メインは、この4名。
各々が、周りの人に励まされたり、
友だちに助けてもらいながら、人の温かさや、
助けあう精神を学んでいく、そんな温もりのある話になっていました。

翻ってわたしの
小学校6年生時代は。。。

なにやら空虚な1年を過ごしていた気が。

生徒会の選挙に落選したのって、この学年だったかな。
“当選枠1”に対して、男3人・女1人が立候補しているから
男性票が割れて、女性票が女1人に集中するから当選なんてムリムリって、
担任の先生に「選挙活動しろ」と注意されてけど全然しなかったなぁ。

いやぁ、
小癪なガキだったなぁ。
今の私が、当時の私を目の前にしたら
きっと、ちょっと来なさいと、まるで褒めるかのように
呼び出して、かるくグーで殴っているだろうな(苦笑)

まぁ、
今作の登場人物たちのように
大人に反発したり、自我に目覚め始めたりする時期だったのでしょう。

☆彡     ☆彡

そんな
懐かしくも
甘酸っぱい過去、故郷に
しみじみと思いを馳せてしまいました。

わたしにとっての故郷とは
大阪?京都?名古屋?伊勢?豊田?

え~~、あんた引越ししすぎです(苦笑)

次回雑賀監督作品
『海の金魚』は高校生を主人公にした
火山めぐりヨットレースが題材とのこと。

楽しみにすると同時に、
今度は高校時代の思い出にひたらせていただきます(笑顔)

septaka
さん / 2010年1月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi