アメリカを売った男のレビュー・感想・評価

アメリカを売った男

劇場公開日 2008年3月8日
4件を表示 映画レビューを書く

実話の重みがある

実話なのでどんでん返しはないけど、重みはある。
考えてみると、日本は情報ダダ漏れだから「日本を売った男」じゃ映画にならなさそう。

佐ぶ
佐ぶさん / 2015年5月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

FBIは銃社会だ、撃ったら出世する ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「FBIは銃社会だ、撃ったら出世する」

恐ろしい位に猜疑心の強い男に密着する、若い捜査員との息詰まるやり取りを描く。
男は自分の“価値”を認めようとしない組織に対して永年牙を剥いて来た。同僚には「お前の部屋には窓がある」と、はっきりとモノを言う。
この猜疑心の塊の男をクリス・クーパーが見事に演じている。このキャラクターはちょっとした見物で、自分は組織から監視されているのを意識しながら、若い捜査員の力量を何度も試す周到さです。
対する若い捜査員にはライアン・フィリップスで、共に“国家に対して”裏切り。そして“妻”に対して欺き続ける。
しかし、お互いに疲れ果て既に“限界”に近付いていた。
この捜査を指揮する上司にはローラ・リニー。彼女が時には鬼となり、優しい上司としてライアン・フィリップスを鼓舞します。彼女が見せる最後の笑顔なんかはもう最高でした。

地味な内容の為に損をしていますが、とても見応えのある作品です。

(2008年3月22日 日比谷シャンテ・シネ3)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年3月25日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

『ソルト』を観た方にお勧めします☆

ロシアのスパイつながりで、『ソルト』を観た方に お勧めの一本。 でもアクションではなく、そのスパイの実態と それに立ち向かうFBI捜査官のお話。
実話を基に作られているので、多少の脚色はあるでしょうが リアルです。

ストーリー(作品ページより): 20年以上に渡り祖国アメリカを裏切り続けた 実在のFBI捜査官が逮捕されるまでの 2カ月間を描いたサスペンス。 FBIの若手捜査官エリック・オニールは、上司から新たな任務を言い渡される。 それは、トップ捜査官ロバート・ハンセンの行動を 逐一報告することだった…

スパイって、カッコいいイメージだったり はたまた冷血・凶悪なイメージだったり 漠然としていましたが、この映画を観たら “実在するんだ… そのスパイを追う人もいるんだ…”と身近に感じて ますます恐いです。

出演俳優それぞれが いい味だしてる、という印象。 主人公エリックを演じた ライアン・フィリップ。 ベビーフェイスの若手FBI捜査官、でもデキる奴! ライアン良かったー! 先日 『MacGruber』なんていう アホな映画に出てたから ちょっと心配したけど、この映画は 彼の魅力 全開です☆ 危なっかしいのに 自信に満ちている若者エリック・途中自分を見失いかけるも 任務を遂行するエリックを しっかり演じてました。 ちょっと前のレオ様みたいな演技*★。

その相手、捜査対象になってしまう捜査官ハンセン役に クリス・クーパー。 アカデミー賞を受賞したことがある彼、『Remember Me』で 執着心の塊パパを演じて浮いてたから “どうしたの?この人…”と思ったのですが、いやいや やっぱり凄い人! だんだんロシア人に見えてきて、実在のハンセンもこんな感じなんだろうと 想像させるようなリアル演技でした。 特に後半は よかったです!

エリックを指導する鬼捜査官に ローラ・リニー。 『ラブ・アクチュアリー』で 弟想いの 奥手な女性を演じた彼女。 今回は“鬼”とつくほど 厳しい女を演じてましたが、どこかやさしさも残る感じが キャラクター性を高めていると思いました。 個人的に好きな女優さんです。

『ソルト』でスパイの“激しい面”を観た後に、この映画で“スパイの実態”を観察するというのも なかなか面白いと思います☆☆☆

Blue
Blueさん / 2010年8月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

き・き・き・緊迫!

FBIものとか二重スパイものって好きなのよね〜っと、
気楽に観に行ったら・・・
寒くて静かな闇に放り出されたような、
ドキドキの“逮捕までの二カ月間”でした。
観終わって、配役やらストーリーやら
それに日本語タイトルやチラシも
すっごくいいっと、その後何回か思い返してます。

2008年4月4日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi