ポストマンのレビュー・感想・評価

メニュー

ポストマン

劇場公開日 2008年3月22日
6件を表示 映画レビューを書く

朴訥な一茂 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この主人公、数十年前の価値観のままというか、
人のためみたいな面して周りに迷惑かけすぎなところに共感できず。
頑なにバイクではなく自転車での移動に拘ったり、
平気で無断欠勤したり、愛の鞭と称して部下に暴行したり…。

この手の昔気質の身勝手な振る舞いは、
今時のまともな会社ならコンプライアンス違反で懲戒である。
ルールの範囲でやれといいたい。

とはいえ、終盤は泣けた。
家族の絆と想いの強さがストレートに感じられた。

もりり
もりりさん / 2017年9月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった

いい映画だと思いました。

一茂も役者だなあと思いました。

こんな映画が見たくてTUTAYAに通ってます。

みなさんのレビューを見てこの映画を観ようと思いました。

51
51さん / 2015年12月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

食わず嫌いでした

公開当時、もろ郵政民営化反対のための映画って感じだったので気にもとめてなかったのですが、内容は良かったです。
中学生ぐらいの道徳授業にピッタリな気がします。

佐ぶ
佐ぶさん / 2014年7月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気持ちを伝えたい人、待っている人が必ずいる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「ポストマン」(長嶋一茂監督)から。
いつも、天然ボケ役か、長嶋監督の息子・・のイメージが
付いて回っていた彼にこんな才能があったのか?と
感心させられた作品である。
彼は主演も演じているが、物語のほとんど大部分で、
鍛えた身体を活かしながら(たぶん、代役はなしで・・)
郵便局のバタンコと呼ばれる自転車をこぎ続けた。
そんな彼が、この映画で伝えたかったことは・・と
溢れたメモを眺めてみたら、この台詞が浮かび上がった。
民営化されたが、私にとっては郵便局は郵便局。(笑)
メール全盛のこんな時代だからこそ、
私も(手書きの)手紙の素晴らしさを伝えたいと思う。
メールでは伝わらない想いも、手紙なら伝わる。
そう信じているからか、この台詞が心に残った。
最近、美術館から「絵はがき」を書くことに凝っている。
彼と想いは同じであった。
「気持ちを伝えたい人、待っている人が必ずいる」

PS.
自転車屋役に木梨憲武さん(実家の家業)が登場して驚いた。

shimo
shimoさん / 2008年9月28日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

家族へのラブレター。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

長嶋一茂を見ていると、
「朴訥なおじさんは好きですか?」と聞きたくなる。
演技や台詞回しの上手い下手ではなく(爆)
彼、そのものから溢れてくる存在感の逞しさ。
私はけっこう好きなんですよね。
あ~こういうお父さんだったらいいな、素敵だな、と
もし娘だったら?素直に思える気がします^^;
確かに演技は上手くはない(スイマセン)けど、今回、
その不器用で真っ直ぐなところが活きた気がします。
かな~りベタですが、とてもいい作品でした。

さらにこの舞台。千葉県の房総町なんですけれど、
自分には近いところなもので(爆)よけい懐かしい。
菜の花が咲き乱れる丘の上の景色、砂浜を走る
バタンコ(自転車)の画、美味しそうな磯料理。。。
いいな~いいな~♪と思わずそそられてしまった^^;

旧郵政省がそろってお薦めしそうな内容ですが、
私も郵便局でアルバイトをしたことがなかったし、
裏舞台を勉強できるのもいいんじゃないかしら。
最近は「メール」ばかりで手紙を書かなくなり、
せいぜい年賀状か、暑中見舞いや、お礼状。。
たまに友人から手紙が届くと、あぁ嬉しいな~と
思いますね。やっぱり手書きの温かさがあります。。

母親亡きあと、年頃になって扱い辛くなった娘に、
なぜ家族が一緒にご飯を食べなくてはならないか、
先生を通じて問いかける父親。
ん!?なんかそんな映画をつい先日も観たなぁー。
(三宅裕司の拓郎映画でした^^;)
父親の威厳が通じなくなった今の時代。
自分勝手が自由なんだと勘違いしていた若い頃に、
(私もまったくそうでした~^^;)
父と母のあま~い過去を知ることが出来た娘…^m^
幸せだと思います。自分が望まれて、愛されて、
生まれてきたのだということ。
両親が仲が良いのは、子供にとってなによりも
幸せなことですからね~。

ちょっと昔に戻って、ベタな家族愛に感動し、
地方の自然に触れて気持良くなるには絶好の!
カズシゲ主演映画でした。
いやしかし、、犬塚弘と谷啓の手紙のやりとり。
あれは素晴らしかったですねぇ♪面白い!^m^

(というより、あの二人が元気でいることが素敵☆)

ハチコ
ハチコさん / 2008年4月26日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あとあじの良い佳作

主演の長島一茂の演技に賛否両論あるとは思いますが、全体的に映画自体の雰囲気がとてもいいです。

1つ目は、房総の自然が春らしくきれいであること。
2つ目は、家族や仲間など人と人とのつながりを描いていること。
3つ目は、ひたすらばたんこ(自転車)をこぐ一茂と、その脇を固める俳優たちの演技が良いです。

こんな映画を家族で一緒に観ることができたらいいなぁと思いました。

kazu
kazuさん / 2008年4月1日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi