ファーストフード・ネイション
ホーム > 作品情報 > 映画「ファーストフード・ネイション」
メニュー

ファーストフード・ネイション

劇場公開日

解説

ジャーナリストのエリック・シュローサーがファーストフード業界の闇を暴いたルポタージュ「ファストフードが世界を食いつくす」を原作に、大手ハンバーガーチェーンでの“牛肉パテへの大腸菌混入”を巡る人間模様を通して現代社会が抱える問題をあぶり出した衝撃作。「ビフォア・サンセット」のリチャード・リンクレイターが監督を務め、グレッグ・キニア、イーサン・ホーク、アブリル・ラビーンら豪華キャストが顔を揃える。

スタッフ

監督
脚本
エリック・シュローサー
リチャード・リンクレイター
製作・原作
エリック・シュローサー
撮影
リー・ダニエル
音楽
フレンズ・オブ・ディーン・マルチネス

作品データ

原題 Fast Food Nation
製作年 2007年
製作国 アメリカ・イギリス合作
配給 トランスフォーマー
上映時間 108分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第59回 カンヌ国際映画祭(2006年)

出品
コンペティション部門
出品作品 リチャード・リンクレイター

映画評論

巨大な資本主義システムと“食の安全”への警鐘
ファーストフード・ネイションの映画評論・批評

この原稿を書いている時点で混迷の度を深める“毒ギョーザ事件”をはじめ、僕らの“食の安全”を脅かす出来事が頻発している。しばらく冷凍ギョーザを食べる人は減り、スマートに生きる人(?)は今後もファーストフード屋に入り浸ったりしないだろう。...ファーストフード・ネイションの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全2件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ファーストフード・ネイション」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi