P.S.アイラヴユー(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

P.S.アイラヴユー

劇場公開日 2008年10月18日
10件を表示 映画レビューを書く

ベタな涙ものとは少し違う ネタバレ

いやー、泣けた。びっくりするぐらい泣いた。
基本的に好きな人が死ぬという設定だけで泣けるし、それは映画の出来の良さとは無関係だと思う。
しかし、この映画をきっかけに私はあることに気がついてしまい、映画そのものというより、それに号泣してしまった。

それは、当たり前だが、今側にいる人とは必ず別れの時が来るということである。
しかも普通に考えれば、ほぼ確実にどちらかが先に死んでしまって、どちらかが残るのである。

「世界の中心で〜」然り、恋人の死がドラマチックに描かれた話は今まで何度も観てきたが、恋人が自分を置いて先に死ぬなんて、お話の中のことだと思っていた。
また、亡くなった恋人は、その後も主人公の心の中に生き続け、いつも側にいるのだろうと思っていた。

しかし、この映画を観て、そのどちらもが裏切られた。

この映画の主人公は、「死んだ恋人は、もうこの世界のどこにも居ないのだ」ということを悟って、そこで初めて前を向くことが出来るようになる。

なんて現実的で悲しくて、説得力があるんだろうと思った。
そして、恋人が死ぬということがリアルに感じられた時に、急に、自分にも遅かれ早かれこのようなことが起こるのだと気がつき、もの凄い衝撃を受けたのである。
どうして今まで気がつかなかったのだろうと。

この映画を観たのは結婚直前のタイミングだったが、夫と過ごす時間の考え方について、大きく影響されたように思う。

きばこ
きばこさん / 2017年10月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アイルランドに激しく行きたくなった。 ネタバレ

ヒラリーってビバリーヒルズでよった人では!?と思いみてみた作品。

アイルランドに激しく行きたくなった。
ジェリーかっこいい。
洋画って最後キスして結ばれないってよくあるけど
キスでそんなの分かるのかといつも不思議に思ってしまう(笑)

アイルランドの情事での批判が多いけど
ジェリーをよく知る人だったのが逆によかったんじゃないかと思ってしまう。
カラオケのシーンとジェリーと初めて出会うシーンがいい。

r!eco
r!ecoさん / 2017年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ホロリとくる ネタバレ

ちょっと泣ける映画でした。
最愛の夫が35という若さで亡くなり子供もいない。主人公は30歳。これからどう生きていくか。自分じゃなく、全て夫からの手紙の指示だけど、靴デザイナーの道に。最後は夫の親友と結ばれる予感。
お母さん役のキャシー・ベイツ良いです‼

ケイト
ケイトさん / 2016年11月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ 泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛情よりも束縛 ネタバレ

死んだ夫から手紙がどんどん出てきて読んでいくところはいい!

ただそれが愛情よりも束縛の方が強いと思った。
半年近くも手紙の内容のように動けるか?

さらに気になったのが最後の手紙で「もう僕のことは考えなくていい」と書いてあったにもかかわらず、最後は「永遠に愛してる」…
これはどう考えてもおかしい! 矛盾しているよ…
奥さんは次の恋愛へ進んでいくことができないな…

ゆきち
ゆきちさん / 2015年2月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛ってすてき ネタバレ

素敵な愛のお話。

残された妻ホリーに夫からの手紙が届く。
自分が死んだあともホリーが前向きに生きていけるようにと色々導いてくれます。
協力者はホリーのお母さん。
ジェリーを嫌い、結婚に反対していたけれど、それは娘が自分と同じ失敗をしてほしくないという親心。

ジェリーの手紙のたびに泣いてしまいました。
静かに、大切な人の存在、前向きに生きることの大切さなどを教えてくれます。

見てよかった映画です。

{みや}
{みや}さん / 2010年3月16日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャシー・ベイツの一言が素敵 ネタバレ

予告編の方がよかったけど、手紙の謎が解けたときのキャシー・ベイツのセリフが印象に残った。
「親として最も辛いのは、子供に先立たれることと、自分と同じ人生を歩む子供を止める事が出来ない時よ」
同じ過ちを繰り返してほしくないという、子供の幸せを願う親の気持ちが伝わった。

megu&m&b
megu&m&bさん / 2009年4月7日 / から投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間って傲慢だな。誰かと共にいる喜びに気付かない ネタバレ

映画「P.S.アイラヴユー」(リチャード・ラグラヴェネーズ監督)から。
生きている間は、人間誰でも傲慢になる。
傲慢とは「おごり高ぶって人をあなどること、
見くだして礼を欠くこと」だけど、
知らず知らずのうちに、傲慢になっていることは認めようとしない。
本人はそんなつもりではなくても、人を傷つけたり、
喧嘩の種になるようなことを言葉で発していることにも気付かない。
それは、全て相手がいなくなるなんて考えていないから。
だからこそ、大切な人を失い、ひとりぽっちになると、
あんなことで責めなければ良かった、と後悔するのだろう。(汗)
汚いメモを整理し、書き直してみると、単なるラブストーリーではなく、
私たち全ての人間に宛てたメッセージともとれる。
「今、この瞬間、誰かと共にいる喜びに気付きなさい」と。
そして、気付いたら喜びを口にする。(これが、一番難しいけれど・・)
これまた、いい映画を観た、では終わらせたくない。

PS.
なぜか洋画のエンドクレジットに、徳永英明さんが歌う「小さな祈り」。
しびれました。

shimo
shimoさん / 2009年3月29日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いまいち泣けない・・・ ネタバレ

予想以上に、コメディタッチで、泣けませんでした。
旦那さんが闘病するシーンがまったくなかったからかも?
4人の女友達と一緒にみて、泣いていたのは1人だけでした。
うーむ、泣く気満々でいったので、ちょっと消化不良でしたねぇ。

maishimano
maishimanoさん / 2008年11月26日 / から投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアルにするための配役です ネタバレ

ヒラリー・スワンクのブサイクさが、ありえなそうな映画を現実でもありそうな映画にしれくれたと思う。
こんなのありえねーじゃなくて、こんなことがあったら旦那が死んでも、あたしは生きていけるって素直に思った。

keito
keitoさん / 2008年11月20日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

変にエンターテイメント作品に仕上がってるからもっと大人な雰囲気でしっとりとしたものを作ってほしかった ネタバレ

エンターテイメント色が強く全体的にうるさいし所々コメディ要素が入ってるからもっとしっとりと大人の雰囲気で作ってほしかったし死を扱っているのに心にズシッとくるものがあまり感じられない(@_@)

 職をなくしたホリーが次の職を探しているときに急に靴のデザインに目覚めるんだけど、そんな急にデザインに目覚めて学校に通ったところで1、2ヶ月でプロになれるワケないじゃん(>_<)もともとそういう夢があって諦めてたつてならわかるけどただ創作物をつくりたいという思いからそこに行ったワケだから不自然すぎる(._.)

 だからツッコミ所が多くって個人的には本編よりも予告編のほうが泣ける出来にはなっているかもしれない(._.)これはハリウッドの脚色による失敗だと信じたい。たぶん原作はもっといいんだよね??
ミニシアター系の作品として製作されてたらもっと面白かったと思う☆

 この映画を観てわかったことは、この監督はたぶん「バフィー 恋する十字架」が好きなんだと思う(>_<)主演のヒラリー・スワンクは「バフィー」の元になった映画「バッフィ ザ・バンパイア・キラー」が映画デビュー作だということは偶然だとしてもジェリーの友人役に「バフィー」でスパイクを演じていた我らがジェームズ・マースターズを起用している(>_<)オープニングにクレジットがあったからビックリした(@_@)

 そしてそれを決定づけるのはホリーが職を探すシーンで何故か候補にヴァンパイア・スレイヤーというものがあるんだよ!!これは不自然すぎるでしょ(O_O)

個人的にヒラリー・スワンクは恋愛映画には向いてないと思う(._.)
それにヒラリー・スワンクが10代の頃も演じているのには違和感ありまくり(O_O)分かる人だけ分かってもらえればいいけど、ヒラリー・スワンクって海底原人ラゴンに見えるんだよね(._.)

Sp!ke-Y
Sp!ke-Yさん / 2008年9月28日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi