ATOM インタビュー: 創設者が語る、イマジ・スタジオが「鉄腕アトム」映画化を手がけた意図

ホーム > 作品情報 > 映画「ATOM」 > インタビュー > 創設者が語る、イマジ・スタジオが「鉄腕アトム」映画化を手がけた意図
メニュー

ATOM

劇場公開日 2009年10月10日
2009年10月2日更新

手塚治虫の「鉄腕アトム」をフルCGアニメーション映画化した「ATOM」を手がけたのは、香港とロサンゼルスに制作拠点を持ち、東京にも支社を構えるアニメーション制作会社「イマジ・スタジオ」だ。ハリウッドのピクサーやドリームワークスアニメーションが世界のCGアニメ史上を席巻する中、香港で生まれたイマジの「ATOM」にかける思いを、同社の創設者でクリエイティブ部門を取り仕切るフランシス・カオに語ってもらった。(取材・文:編集部)

創設者が語る、イマジ・スタジオが「鉄腕アトム」映画化を手がけた意図

イマジ・スタジオが「鉄腕アトム」を「ATOM」として蘇らせた イマジ・スタジオが「鉄腕アトム」を「ATOM」として蘇らせた

イマジ・スタジオの設立は2000年とまだ歴史は浅いが、自社制作の3DCGTVアニメ「時空冒険記ゼントリックス」(02・NHK BS2で放送)やドリームワークス・アニメーションからTVシリーズの制作を受注するなどして技術と経験を蓄積。07年に同社初の劇場用長編作「ミュータント・タートルズ/TMNT」(日本未公開)を送り出し、全米初登場1位を獲得する。同作に続く劇場長編第2作が今回の「ATOM」だ。

手塚プロの協力もあり、オリジナルに忠実な出来に 手塚プロの協力もあり、オリジナルに忠実な出来に [拡大画像]

イマジを設立したカオは、10年ほど前のアメリカ留学中に「ポケモン」を見て強い印象を受け、そのときから「既にあるアニメコンテンツをリメイクし、より世界に広げていきたい」と思うようになったという。イマジでは「鉄腕アトム」に続き、「科学忍者隊ガッチャマン」の映画化も進行しているのは有名な話だ。

「『ATOM』は当初権利を持っていたソニー・ピクチャーズが手放すことになり、我々が権利を獲得しました。その時、すでに『ガッチャマン』がプロジェクトとして立ち上がっていましたが、日本を象徴するアニメでもある『鉄腕アトム』を先にしたほうが、会社にとっても宣伝効果があると思い、『ATOM』を先に送り出すことにしました。我々のような、まだ小さな会社が『ATOM』を手がけることができたのは、とてもラッキーだったと思います。手塚プロダクションとは、製作初期から綿密にやりとりをさせてもらい、ストーリーの構築やアトムのスタイルなどについても詳細に話し合いました。彼らの協力なくして実現はなかったでしょう。また、ソニーのようなメジャースタジオが『ATOM』を実現できなかったのは、彼らは多くの企画を抱えていて、ひとつの作品に注力できなかったということがあると思います。私たちは小さいスタジオで、2年に1作品のペースでしか作れず、ひとつの作品に全力投球するしかありません。その点もまた、今回のプロジェクトが実現できた理由だと思います」

「ATOM」の次には「ガッチャマン」映画化も控える 「ATOM」の次には「ガッチャマン」映画化も控える [拡大画像]

「TMNT」はアメリカの、「ATOM」「ガッチャマン」は日本の人気アニメの映画化。現在のところ、各国の人気アニメを次々とCGアニメ化するのがイマジのスタイルのように見えるが、当面はこうしたリメイク作を送り出すことで、実績や知名度を上げていくことが課題だという。

「我々とピクサーやドリームワークスの一番の違いは、資金力や歴史です。彼らにはそれがありますが、我々はまだない。どのくらいの予算規模になるかも読みづらく、企画から完成まで5年はかかるオリジナル作品よりは、たとえば『ATOM』のように最初から認知度があり、バジェットもどの程度かかるかが読める作品を手がけることから始めたいと思いました。これから数年間は、既存のアニメを長編CG化するという状態が続くと思います。ただ、ゆくゆくは香港のオリジナル作品を手がけたいとも思っています。特に中国のマーケットは成長してるので、そこにチャンスがあると思います。また、今回の『ATOM』の製作費は約6000万ドルでしたが、オリジナルコンテンツを作るのであれば、劇場作品に限らず、たとえばオンラインでのコミック配信など、大きなコストをかけずに新しいものが作られるのではないかということも考えています」

同社は今年初めに「鉄人28号」のプロモーション映像を公開し、ネット上で話題になった。「ATOM」「ガッチャマン」に続いて、日本アニメ原作の第3弾になるのか? 今後のプロジェクトは?

スタジオ創設者で、製作総指揮も務めるフランシス・カオ スタジオ創設者で、製作総指揮も務める
フランシス・カオ
[拡大画像]

「『鉄人28号』については、まだ権利は獲得していません。あの映像は、まずティーザーを作り、反応をうかがってみようと思って作ったものですが、いまのところ割と良い反応をいただいてます。『ガッチャマン』は結構進んでいますが、メインキャラクターが5人いる上に、ストーリーラインも『ATOM』ほどわかりやすいものではないので、『ATOM』より難しく、製作にも時間が必要です。今のところ2011年の第1四半期の公開を目指しています。他にも日本のゲームキャラクターにも興味がありますが……具体的なタイトルについては、まだコメントしないほうがいいかもしれませんね(笑)」

アメリカでは初めての長編「TMNT」が興行ランキング1位を獲得するという実績を持つイマジだが、自国アニメの人気が根強い日本で、「ATOM」がどのように受け入れられるか。また、イマジがピクサーやドリームワークス、あるいは日本のスタジオジブリやプロダクションI.Gなど、世界に名だたるアニメスタジオに比肩する存在になる日が来るのか。今後の動向からも目が離せない。

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

“原作にはなかったが見たかったもの”を見せてくれる新生アトム
映画評論

AIBOやASIMOが誕生したのは、鉄腕アトムがいたから。日本人のDNAにはアトムによって“ロボットへの愛”が書き込まれている。そんな私たち日本人が納得できるアトムを、果たしてハリウッドが生み出せるのか?だが、この心配は不要だった。こ...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ATOM[Blu-ray/ブルーレイ] ATOM[Blu-ray/ブルーレイ] ATOM スタンダード・エディション[DVD] ATOM[DVD]
ATOM[Blu-ray/ブルーレイ] ATOM[Blu-ray/ブルーレイ] ATOM スタンダード・エディション[DVD] ATOM[DVD]
発売日:2010年4月2日 最安価格: ¥3,046 発売日:2011年6月24日 最安価格: ¥1,490 発売日:2010年4月2日 最安価格: ¥1,814 発売日:2011年6月24日 最安価格: ¥1,029
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全12件)
  • 面白かった! 鉄腕アトムは名前くらいしか知らないけど、 これは面白かった! 機会があれば原作も読んでみようかな…! 切ないけど、良い話だった! ...続きを読む

    ミスノン ミスノンさん  2017年7月15日 00:29  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • アストロン 視聴:1回目 推薦:全員に 感想:アトムはオリジナルは観てないけどそこそこ楽しめた。少し子供向けなので家族でまた観ようかな。 ...続きを読む

    ほんげ ほんげさん  2017年1月19日 19:15  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 暗い。 漫画やアニメをみたことがないからどんな話か知らんかったけど 思ってたよりも暗い。 内容もアイ・ロボットと似てる。 自分には面白くなかったせいか、見せ場がないような気がして つまらなかった。。 ...続きを読む

    lomolabo lomolaboさん  2012年1月8日 00:58  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi