スーパー・チューズデー 正義を売った日 インタビュー: ジョージ・クルーニー、監督デビューから駆け抜けた10年間

ホーム > 作品情報 > 映画「スーパー・チューズデー 正義を売った日」 > インタビュー > ジョージ・クルーニー、監督デビューから駆け抜けた10年間
メニュー

スーパー・チューズデー 正義を売った日

劇場公開日 2012年3月31日
2012年3月30日更新
画像1 (C)2011 Ides Film Holdings, LLC

ジョージ・クルーニー、監督デビューから駆け抜けた10年間

ハリウッドを代表する名優ジョージ・クルーニーが、政界の闇に直面した若き政治活動家を映し出した監督第4作「スーパー・チューズデー 正義を売った日」。自らメガホンをとり脚本も兼ね、第84回アカデミー賞では脚本賞にノミネートされた。俳優として、監督として自分の道を築き上げてきたクルーニーに話を聞いた。(取材・文/編集部)

画像2 (C)2011 Ides Film Holdings, LLC [拡大画像]

揺るぎない信念とカリスマ性で圧倒的な人気を誇る、米ペンシルベニア州知事のマイク・モリス(クルーニー)は、大統領の座を見据え、民主党予備選に出馬する。広報官スティーブン・マイヤーズ(ライアン・ゴズリング)は、モリスのもと才能を発揮し、将来を約束された有望な活動家だった。しかし、選挙戦の“スーパー・チューズデー”を1週間後に控えたある夜、ライバル陣営から極秘面会を持ちかけられたことをきっかけに、壮絶な駆け引きに巻き込まれていく。

クルーニーは5年の歳月を費やし、2004年の民主党大統領予備選で、ハワード・ディーン候補の選挙スタッフとして活動したボー・ウィリモン氏の戯曲「ファラガット・ノース」の映画化にこぎつけた。実体験をベースにした権力争いのなか、理想と現実を浮き彫りにすることで、正義というモラルを問いただす。

さまざまな視点から“対権力”を描いた「候補者ビル・マッケイ」(マイケル・リッチー監督)、「大統領の陰謀」(アラン・J・パクラ監督)、「ネットワーク」(シドニー・ルメット監督)など70年代の名作の影響を受けたそうで、「3本の映画には1つの共通点がある。それは、観客の質問すべてに答えないということだ」と分析。そして、今作では「自分で考え、注意を払って、この映画の一部であることを楽しんでもらいたい。そういうものを語り口に残そうと心がけた」。

画像3 (C)2011 Ides Film Holdings, LLC [拡大画像]

政治という舞台で忠誠心から裏切り、復しゅう心に転じる主人公スティーブを通して物語を見つめたクルーニーは、「この映画は道義心を語る作品」と強調する。自ら演じたモリスというキャラクターは、清廉潔白な英雄ではなく、人間くささを持たせた。「公職選挙に出馬する人間として、真実味のある演技をしなくてはならない。立候補者のポスター撮影も、自分自身をどう見せるかは俳優より大変なんだ。政治家を演じるにはエゴが要求されるから、難しい半面いいことでもあった。僕は自分に挑戦するのを楽しむタイプだからね」

米テレビ界の伝説的人物チャック・バリスの自伝を映画化した「コンフェッション」で監督デビューを果たし、監督第2作「グッドナイト&グッドラック」では、50年代のアメリカを舞台に真実の報道を追い求める実在のニュースキャスターを描き、第78回アカデミー賞で6部門にノミネートされた。歴史的事実を反映させた同作は、「イラク戦争やマッカーシズムの時代にわき起こっていた熱に動かされた」と振り返り、ジャーナリズムの責任という巨大なテーマに向き合った。「右派の多くの人たちから自分の国を裏切る人間のように言われた。だからこそ、映画を完成できたことを誇りに思う」と胸を張る。

画像4 (C)2011 Ides Film Holdings, LLC [拡大画像]

監督として自らのスタイルを構築するにあたり、クルーニーはジャン=リュック・ゴダール監督の映画を研究したという。ゴダール監督が使用したカメラを探したこともあったそうで、作品にあわせ映像に変化を持たせ、思い描く空気をスクリーンに反映させた。今作は「映像がぶれるような揺れるカメラで撮影したくなかった。こういった種類の映画はドキュメンタリーのような感覚をかもし出すけれど、映画的感覚がほしかったんだ」。監督デビュー後から現在までの10年間、「ゆっくり考えていることも、振り返ることもできない」と駆け抜けた。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ラストの余韻に胸躍るピカレスクな政治ドラマ
映画評論

4年に一度行われるアメリカ大統領選の舞台裏に渦巻く陰謀や裏切りを、コンパクトかつ濃密に描いたスリリングな政治ドラマ。監督4作目となったジョージ・クルーニーは、1950年代の赤狩り事件を採り上げた「グッドナイト&グッドラック」よりもリラ...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全22件)
  • 正義の優先順位とは 大統領選を描いた映画。 人間はそれぞれが信じる正義のために行動しているから当然摩擦が起きる。確かに大統領に誰を選ぶかの影響力は甚大だ。多くの命さえ左右する。しかしその大義の大きさのために身近な正... ...続きを読む

    Tommy Tommyさん  2017年3月27日 06:38  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 選挙活動に勤むゴズリング。 選挙がテーマで政治色が強く小難しいかと思いきやスンナリ観れてしまう。 解りやすい作りとかの問題では無く物凄く単純な物語で起きる問題も大した出来事ってか小さい。 フィリップシーモアホフマン/ポ... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2017年3月11日 21:46  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • ちょいマヌケ そんな強要してまでインターンの誘惑に負けて足引っ張られるとか大統領になろうって時にどんくさい。 有能すぎて戦力から外される感じは面白かった。 ...続きを読む

    スベスベマンジュウガニ スベスベマンジュウガニさん  2016年5月12日 06:17  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 最低。 紗倉まなが紡ぐ“普通の女性”とAVとの等身大の関係 森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈が繊細に体現
  • インタビュー 火花 菅田将暉&桐谷健太、愛たっぷりに振り返る“芸人”として生きた日々
  • インタビュー 覆面系ノイズ 中条あやみが描く天井知らずの成長曲線 女優としての覚悟に迫る
インタビューの一覧を見る
Jobnavi