暗殺 リトビネンコ事件
ホーム > 作品情報 > 映画「暗殺 リトビネンコ事件」
メニュー

暗殺 リトビネンコ事件

劇場公開日

解説

2006年11月23日、チェチェン戦争にまつわるプーチン政権とロシア連邦保安庁FSBの腐敗を告発していた元FSB中佐アレクサンドル・リトビネンコが、亡命先のイギリスで暗殺された。リトビネンコの友人であったロシア人監督アンドレイ・ネクラーソフが、彼が殺されなければならなかった理由を探る衝撃のドキュメンタリー。生前のインタビューや関係者らの証言を通し、ロシア政府が抱える深い闇を浮かび上がらせていく。

キャスト

作品データ

原題 Rebellion: The Litvinenko Case
製作年 2007年
製作国 ロシア
配給 スローラーナー
上映時間 110分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi