雪の女王 新訳版のレビュー・感想・評価

雪の女王 新訳版

劇場公開日 2007年12月15日
1件を表示 映画レビューを書く

思いを、つらぬく。

ただ、カイを助けたい・カイに会いたいというゲルダの強い想いは
時に人の心を動かしながら
ゲルダをどこまでも遠くへ運ぶ

盗賊の娘のエピソードがとにかく良かった

自分の目的の為にいろんな人に迷惑をかけるゲルダを共感できないという人もいるだろうけど、
たまには人に迷惑をかけていいのだと、頼られて嫌がる人は案外いないものなのだと、それこそ世界は愛で溢れているのだと、そういうメッセージにも思える

人生に対する目的と、強い想い、
心からの感謝と、とびっきりの愛情。

とにかく綺麗なお話です。

想いを、つらぬく。

サクライ
サクライさん / 2015年3月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi