マリと子犬の物語のレビュー・感想・評価

マリと子犬の物語

劇場公開日 2007年12月8日
15件を表示 映画レビューを書く

いつ間にか引き込まれてた。

舞台は現代(2004年)の日本、山古志村。時期は秋〜冬。最初のカットはとある町の上空映像で始まる。兄と妹の亮太と彩はしりとりをしながら畦道や丘を歩いていた。彩が詰まっていると一匹の子犬が木々の間から走って出てきた。この犬が捨て犬だとわかった彩は犬を飼おうとしたが、父が大の犬嫌いのため兄に拒否される。仕方なく帰ろうとした2人はいつまでも子犬についてこられ結局飼うことになる。

冒頭は何の変哲もない日常生活が描かれているため退屈に思われたが、新潟中越地震が起こったことで映画は180度回転する。自然の力の壮大さ、人間の存在がいかに小さく自然を前には敵わないかが窺える。

この映画を通し私は家族の絆のあり方と諦めずに信じ抜く力を学んだ。小学生でも大雨の中マリを救い出す覚悟、マリの必死に子どものために食料を探す姿が脳裏から離れない。ティッシュを何枚も使った作品である。

じとしゅん
じとしゅんさん / 2017年8月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

“新潟県中越地震”の実話を基に描かれベストセラーとなった絵本、 「...

“新潟県中越地震”の実話を基に描かれベストセラーとなった絵本、
「山古志村のマリと三匹の子犬」を映画化した感動作。

地震が起こる数時間前の描写が恐ろしかった。
ミミズが異常発生し、雲の様子がおかしくなり。
BGMの演出も相俟って緊迫感がすごい。

地震のシーンは激しかった。
爆発が起こったのかと思うほど窓ガラスは吹き飛ぶ。
地震怖い。。。

おそらくそのシーンでお金を使ってしまったからなのか、
出演者が再現VTRのようにみえ、少し残念。

でも、ワンコがじいちゃんたちを助けようと土を必死に掘り堀りしているところや、
子犬のために母犬ががんばっている描写をみれたので犬好きとしては、ごちそうさまです。

cenriv
cenrivさん / 2017年6月9日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

僕が8年前当時10歳の頃亡くなってしまったおじいちゃんと見た映画な...

僕が8年前当時10歳の頃亡くなってしまったおじいちゃんと見た映画なので印象強く残っています。
飼い主と離れても力強く生きる子犬達に感動しました!
親というのは本当に強くたくましい存在だなと思いました。
飼い主と再開した時の感動は忘れられません…
この地震についておじいちゃんから色んなことを教わったのも忘れません。
良い作品です

鷲尾
鷲尾さん / 2015年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう(人間でも動物でも)死んじゃうの、やだよ~ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「マリと子犬の物語」(猪股隆一監督)から。
鑑賞後、作品紹介を確認すると
「新潟県中越地震発生時の実話を基に、
被災地に取り残されながらも、産んだばかりの子犬たちを
必死で守り抜こうとする母犬の奮闘を描いた感動作」とあった。
えっ、主人公は犬だったの?と思いながら、
タイトルを読み直して、また納得するしかなかった。(汗)
母親の犬の気持ちが、ナレーションでもあればよかったのに、と
ちょっと残念に思いながら、やはり私の視点は人間の子どもたち。
小さい子どもたちが、身近な人たちの死を間近に観る心の揺れは、
相当大きいことが、この台詞でわかる。( )の言葉は、私の想像ですが。
「もう(人間でも動物でも)死んじゃうの、やだよ~。
お母さんみたいに死んじゃうのやだよぉ」
残された人たちの心には、忘れようにも忘れることが出来ない、
負の資産として、蓄積されるに違いない。
三宅島の噴火や阪神淡路大震災、東日本大震災等で、
大切な家族がバラバラになった子どもたちの心のケア、
その影響は、10年後、20年後に、何らかの形となって現れる。
身近な人の死は、何よりも「命の大切さを伝える教育」として、
沈みがちな彼ら、彼女らの心を成長させてくれることを、期待したい。

shimo
shimoさん / 2012年6月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

犬もイイけど、子役の二人が素晴らしい!! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大粒の涙を流してしまいました。

でも実は、最初「やばい」と思ったのです。
捨て子犬(マリ)が子供2人をけなげに、
追いかけていくシーンが冒頭にあるのですが、
会場、爆笑に近かったから。しかも、お子様の
笑い声ばかり。「え~っ、もしかして完全な
子供向け?ドラえもんと一緒だったら・・・」
なんて、危惧を抱きサーっとひいてしまいました。

ところが、犬のあまりの演技の上手さ
(本当に上手かった。どうやってやらせたのだろう)、
女の子の演技の上手さの、ダブルパンチで、
もう引き込まれる、引き込まれる。

地震後、ヘリコプターで
犬と別れるシーンなんて、もうボロ泣き。
涙が、溢れて止まらない。もう、人目も
はばからず、泣いちゃいました。

ここから、先は避難所での暮らしが
メインとなるのですが、ニュースで
報じられていたモノと差はなし。
どこかしら、落ち着いた場面が続き
さっきの涙が嘘のように冷静な私が。。。

「犬との別れで盛り上げすぎたんじゃないか。
 クライマックスは犬との再会になるけれども、
 中盤を越えられるの?やばくない??」

結果として、
私の恐れは半分的中。
ラストの再会は、及第点とはいえ、あんなものかな。

救ってくれた半分とは、
山古志村に向かうヘリコプターへ乗る前のやりとり。
家族の代表1人しか、村へ行けない決まりを説明。

「村役場の同行者として来ていただくと
 聞いています。家族の代表を出してください」と
マリと離れて泣きじゃくった女の子をヘリに
自衛隊員が気遣って乗せてあげたシーン。

私、もうこれで十分って、また泣いちゃいました。
ラストのオチはわかっていたので、これで、
十分に救われました。

期待をして見に行き、
期待とおりの作品でした。泣きすぎて疲れました(苦笑)

【補記】
 旧山古志村のかたもエキストラとして
 参加したと聞いています。それもあり、
 素直に感動できたと思います。村の人も
 目の前の現実を受け止め、復興を目指している。

 この手の話は、
 地元民は反発しているのに、
 興行主導で進められると言うパターンが
 ありがちですが、被災者も一体になって
 作ったと言う事実が、更に私の中で
 感動のボルテージをあげたのは間違いないです。

 ここまで、立ち直った
 旧山古志村の人々の強さに
 ただただ、脱帽です。人間って、
 案外強い生き物なんですね。

septaka
septakaさん / 2010年1月5日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少女と子犬の演技に驚かされた

稚拙自ブログより抜粋で。
--
 とりあえず主人公の女の子・彩を演じる佐々木麻緒が巧い、巧すぎる!
 あどけない盛りの少女だが、ときに大人顔負けの女優の顔を見せていて驚かされ、そして存分に泣かされる。

 マリや子犬たちの演技も巧い。
 いくら訓練されている俳優犬といえどもなかなか演出家の思い通りに動いてくれないのが動物なのに、子犬たちの自然な立ち振る舞いはこの作品に映画の神様が降りているとしか思えない。

かみぃ
かみぃさん / 2009年10月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想通りの展開で物語は進んでいきます ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この映画はそもそも終わりもわかっている上で見る映画ですから、驚くようなことは何も起こりません。
予想通りの展開で物語は進んでいきます。

犬の演技がすごいですね。
子役はちょっとこなれすぎな感じがしました。
子供の迷子シーンなどはちょっとありえないとはおもいましたが。

赤いおじさん
赤いおじさんさん / 2009年7月10日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハンカチ必須映画です

実際の話を元にしているとはいえ、これでもかというくらい脚色されていて、リアリティには欠けるかもしれない。
しかし、それでも泣ける。
犬好きならなおのこと泣ける。

しかも子役が上手い。
特に佐々木麻緒の演技が素晴らしい。
その分、役とイメージが合わない船越英一郎、松本明子がミスキャストと感じてしまった。

映画館中がすすり泣きという映画は珍しくないが、そこかしこで号泣する人がいる映画は珍しいと思う。

みく
みくさん / 2008年3月28日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マリーーー><!

お母さんとして、3匹の子犬を守るマリを見て泣きました(´;ω;`)
一緒に見に行った連れは全員泣いていましたw
勿論私も泣きましたw

りぃた
りぃたさん / 2008年2月19日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マリーっ!! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

新潟県中越地震の実話を基に描かれた絵本、
「山古志村のマリと三匹の子犬」を映画化した本作ですが、
ここで描かれる家族のお話はあくまでフィクションです。
な~んだ、そうなのか、、、と思うことなかれ。
このオリジナルのストーリーが功を奏し、とてもいい話に
仕上がっているのです。もちろん犬と子供の演技に刺激され、
泣けもします。こういう話にありがちなベタな会話もある。
だけど、もっとも単純で、もっとも当たり前の「親子像」が
人間・犬ともどもにきちんと描かれているのです。
付け加えれば、自衛隊の描き方もいい。ヘリコプター最高。
実際に救助にあたったヘリを映画でも使ったんだそうです。
どっかの雪山フィクションより、よっぽどカッコ良かった!(爆)

マリの話、実はぜんぜん知らなかったんです。
ニュース記事として新聞にも載っていたんですね。
実在のマリは柴犬ではなく雑種犬。地震当日子供を三匹産み、
夕方には地震に巻き込まれて、約16日間、置き去りとなります。
ま~置き去りというか。。。連れて行けなかった、んですが。
飼い主の五十嵐さんが家の前にドッグフードを置いていったので
マリはそれを食べながら乳を与え、子供を守り待っていたのです。
迎えに行った時のマリは痩せこけて、
代わりに床下のチビ達は、まるまると肥っていたんだそうです。

その救助直後の写真を見ました。私はこのマリがいちばん好き♪
「どうよ♪私の家族は。」って顔でカメラに微笑んでいるのです。
自身は痩せた身体で。。。このマリを見ただけでも十分。。
映画のマリは、もっと忠犬的な演技を見せたりしますが^^;
これを見ると、犬って本当にご主人さまに忠実なんだな、と。
ただそれだけでも偉いことなのに(犬の世界では当たり前なの?)
親となったら懸命に子供を守る(これも当たり前なんだろうけど)
そんな行為に鼻水たらしまくりで感動する自分は、一体どれほど
情けない人間なんだろう…って^^;思っちゃいますよ、本当に。

予告でかなり長い間(ホントに)マリ達を観てきましたが、
なんかあの予告で見せる子供の演技等が鼻についてしまい、
なんだかな~と思っていたのです(失礼)。裏切られました(爆)
子供達の演技も素晴らしかったし、話が話だとはいえ、
地震は実際に起こったこと、どうしようもない現実を受け入れる、
という難題をすべての生き物が背負った期間だったのです。
家族を失った人もたくさんいたし、奇跡的に助かった人もいる。
自然災害という脅威に、立ち向かう人間達の無力さとはかなさ、
それを乗り越えようと踏ん張る力強さ。もう思い出したくないと
蓋をするのは簡単だけど、その恐怖を忘れないようにとどめる
努力は決して怠っちゃいけないと思うのです。
山古志村の人々は映画撮影にも協力し、それを体現しています。
正確には、この地震の後にも新潟に大きな地震が襲っています。
怖いけれど避けては通れない災害だからこそ、その対策と避難
に対する万全の準備態勢が必要なんだと心から思いました。

そしてマリ…。
地震の後遺症に苦しみながらも、元気に生きているマリ、
早く飼い主の五十嵐さんと一緒に暮らせるように、祈ります。
鑑賞後、私も呼びたくなりました。「マリーっ!」って^m^

(チビ達は貰われて幸せに暮らしているって。良かった(^◇^))

ハチコ
ハチコさん / 2007年12月18日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地震(特に余震)は怖い。大人だって怖い。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

地震に遭遇し、倒壊した家の下敷きになってしまった女の子とそのおじいちゃん。その居場所を自衛隊に教えたのは、飼い犬のマリとその子犬たちだった。自衛隊は、その場では、やむを得ず人間だけを助けることになり、飼い犬達は取り残される。置き去りにされた飼い犬を助けに、子供たちが行動し、騒ぎになるという話である。
悪人が出てこない作品で、観ていて心地よい。飼い犬を助けに行くというシーンは、子供の浅はかさを教えてくれる。この映画の鑑賞者に、無謀な行動の危険性を知らせてくれる。相手が地震の場合、大人でもどうにもならない。この映画でも、きっちりと地震の怖さ(特に余震の怖さ)を描いていて、よい。
家畜やニシキゴイなど、どんなに価値があろうと、救助されないか後回しになる。自衛隊を含め、行政は人間を優先させるに違いない。これからも、天災があったら、この考え方は変わらない。覚悟を決めておく必要がある。
主人公の一家は、村に留まるか、隣の長岡市に引っ越すか迷う。この一家の意思決定はさておき、その判断に、地震のリスクも含めて、考えるようになる人も多いはずだ。

くわさん
くわさんさん / 2007年12月9日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

号泣!

内容がわかっているにも関わらず、やはり泣いてしまいました!
もし自分たちの地方に地震が起きたらとか、愛犬はどうなっちゃうんだろうとか考えちゃいました。
佐々木麻緒ちゃんの涙の演技は素晴らしかったです。

mamipon
mamiponさん / 2007年12月9日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

犬小屋は頑丈に。

地震の様子を「日本沈没」のような迫力で描くのはどうかと・・・。

犬の可愛さは十分に満喫できても,
事実以上でも以下でもない中身の薄いドラマが退屈。

クサくて,ベタ。

「涙そうそう」と「南極物語」を足した感じ。

マリ母子のサバイバルの背後に,
悲しみを乗り越える亮太&彩の心の成長を置いて,
被災者たちへの前向きなメッセージへと昇華させてほしかった。

AKIRA
AKIRAさん / 2007年12月8日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

号泣です!!

試写会で観ました。

地震のシーンは 家が崩れて怖かったです。試写会には小さなお子さんもいたのですが、泣いていました。

マリを残す救助場面…号泣しすぎて、鼻水たらしていまいましたσ(^◇^;)

みなみ(^▽^)
みなみ(^▽^)さん / 2007年12月6日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

柴犬を飼いたくなりました

映画開始40分後ぐらいから、隣に座っている家内をはじめ前後の席からすすり泣く声がしてきて、ラストはさすがに私も目にごみが入ってしまった。佐々木麻緒ちゃんは泣かせ上手。「ほたるの墓」より少し大人っぽくなった。お父さん役の船越さんはズラをかぶって頑張ってたけど、年齢的にややミスマッチか。もう少し若い男優さんのほうが良かったかも。

小心者
小心者さん / 2007年12月4日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi