プレスリー VS ミイラ男
ホーム > 作品情報 > 映画「プレスリー VS ミイラ男」
メニュー

プレスリー VS ミイラ男

劇場公開日

解説

老人ホームに入居するエルヴィス・プレスリーが、邪悪な事件を引き起こすミイラ男と戦うアクション・ホラー。監督は「ファンタズム」のドン・コスカレリ。出演は「死霊のはらわた」のブルース・キャンベル、「ドウ・ザ・ライトシング」のオシー・デイヴィス。

ストーリー

テキサス州マッドクリーク。全米各地を巡回中の“ミイラ展”で展示されていたエジプトのミイラが何者かに盗まれた。やがて、ミイラを運搬したと見られるトラックが発見された場所の近くにある老人向けの医療施設ジェイディ・ホームでは、入居している老人の不自然な突然死が頻発するようになる。そのホームには、ひときわ頑固で口うるさく、プレスリーの格好をした変わり者の老人が入院していた。実はその老人こそ、本物のエルヴィス・プレスリー(ブルース・キャンベル)だった。20年前、骨折した彼は、一人の彼のソックリさんと契約を交わして人生を入れ替わっていた。1977年に死んだのは本物のプレスリーではなくソックリさんだった。本物はその後もプレスリーのソックリさんとして第二の人生を生きていたのだった。だが、70歳になる彼も寄る年波には勝てず、今やホームに入居し、歩行補助器がなければ歩けない体になっていた。プレスリーのホームにおける唯一の友人である車椅子に乗った黒人の老人ジャック(オシー・デイヴィス)は、自分のことを暗殺から免れたジョン・F・ケネディ元大統領だと信じていた。博識のジャックは、続発する連続死は人間の精気を吸い取るエジプトのミイラ男“ババ・ホ・テップ”(ボブ・アイヴィ)の仕業だと見抜いていた。彼は、ホームの来客用トイレの壁に書かれた奇妙な象形文字を発見し、魂を吸うミイラ男がそのホームのどこかに潜んでいることを探り当てたのだった。恐るべき真実を知った歩行補助器のプレスリーと車椅子のジャックは、老人たちが平和に暮らすホームに平和を取り戻すため、看護婦には内緒で邪悪な“ババ・ホ・テップ”の退治に向かうのだった。...

作品データ

原題 Bubba Ho Tep
製作年 2002年
製作国 アメリカ
配給 トルネード・フィルム
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.3 2.3 (全2件)
  • 魂を取り戻す、男の映画 ネタバレ! 単純に眠いB映画で片づけていいのだろか? 素晴らしい編集、フィルム映画の素晴らしさ、人生の意味… 「忘れられた末期の男」が「ケツから魂を吸い取るミイラ」を「黒人のケネディー大統領」とやっつけ、魂... ...続きを読む

    P.S.A. P.S.A.さん  2013年7月29日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • なんだこりゃ… プレスリーが実は生きていて、老人ホームに現れたミイラ男と戦う。 この意味のわからなさは逆に面白そう!と思って観てみたが、展開がダルすぎました。 すぐにに戦ったら90分もたかなかったのかもしれない... ...続きを読む

    KENTA KENTAさん  2010年3月10日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「プレスリー VS ミイラ男」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi