ホーンテッド ハイウェイ
ホーム > 作品情報 > 映画「ホーンテッド ハイウェイ」
メニュー

ホーンテッド ハイウェイ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

妻を殺した男が死体を車に乗せ、狂気に陥りそうになりながら逃走するサスペンス・スリラー。監督は「マリリンに逢いたい」「ひとりね」のすずきじゅんいち。出演は「Child of Destiny」(未)のランド・ギャンブル、「カミュなんて知らない」の吉川ひなの、「マザーヒート」(未)ドラマ『スタートレック』のローラ・パットニー。

ストーリー

カメラマンのグレッグ(ランド・ギャンブル)は、妻のアマンダ(ローラ・パットニー)を殺してしまう。スーパーモデル・ゆみ(吉川ひなの)との愛人関係を知られてしまい、もみ合っているうちに床に頭を強打したのだ。罪悪感に駆られながら、男は妻の死体をトランクに乗せ、アクセルを踏んだ。ハンドルを握る手はびっしょりしている。午前0時。緊張と疲労が頂点に達していた頃、パトカーにスビード違反で捕まってしまう。挙動不審な彼に、警察は質問を続けた。グレッグは激しく動揺するも、なんとか警察の目を潜り抜けた。徐々に彼の精神は異常をきたし始め、現実と妄想の区別すらつかなくなる。午前2時。前方不注意からハイウェイに現れた女性を轢いてしまう。ラジオから異様なノイズ音が聞こえ始め、バックミラーに妻の姿を見る。そして隣には愛人までもが現れ、運転中の男を執拗に苦しめる。復讐を誓う妻の怨念なのか、長い夜のストレスから来る幻想なのか。午前3時、職務質問される。血痕の付いたシーツは発見されなかった。午前3時30分。グレッグはスタンドで警官と再会する。現実と妄想の判断はすでに不能。翌朝未明、愛人宅前で通報される。絶対絶命。発狂寸前に男が目撃したものは……?...

作品データ

原題 Death Ride
製作年 2005年
製作国 アメリカ
配給 フィルム・ヴォイス
上映時間 84分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi