ブラウン夫人のひめごと
ホーム > 作品情報 > 映画「ブラウン夫人のひめごと」
メニュー

ブラウン夫人のひめごと

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

シュテファン・ツヴァイクの原作を見事に現代に蘇らせた儚い恋の物語。主演は監督・脚本家としても活躍しているアニエス・ジャウィ(「ムッシュ・カステラの恋」監督・脚本・出演)、名優ミシェル・セロー(「とまどい」)。監督は、斬新な映像感覚が評価されている新鋭ロラン・ブーニク。

ストーリー

南仏リビエラのリゾート。少女オリビア(ベレニス・ベジョ)は年老いた元外交官ルイ(ミシェル・セロー)に出会う。ルイはオリビアに、かつて出会った女性のことを語り始めた。第二次大戦が起こる直前のこと。十代のルイは避暑に来ていたが、彼の母親はテニスコーチと駆け落ちしてしまい、避暑地はその噂で持ちきりだった。しかし、ブラウン夫人(アニエス・ジャウィ)だけは母を擁護した。夫人はルイに、20年以上も前の出来事を話し始めた。夫を亡くした彼女を、義妹エリザベスがリビエラ旅行に誘った。そしてブラウン夫人はそこのカジノで出会ったある男に惹かれる。男はポーランドの貴族アントン。賭博にのめり込み身を滅ぼす寸前だったアントンをブラウン夫人は宿に送り届け、そのまま一夜を共にする。義妹の非難にもかかわらずブラウン夫人はアントンと駆け落ちする決心をしていた。しかしアントンは約束の時間に現れなかった。「今でも彼の夢を見る」というブラウン夫人。ルイが夫人の話を聞き終わった時、駆け落ちしていた母が前を横切った。母を許すようにその姿を見送るルイ。そして今、年老いたルイもまたオリビア相手の思い出話に幕を下ろそうとしていた。...

作品データ

原題 24 heures de la vie d'une Femme/24 Hours in the Life of a Woman
製作年 2002年
製作国 フランス
配給 ワイズポリシー
上映時間 105分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ブラウン夫人のひめごと」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi