迷い婚 すべての迷える女性たちへ
ホーム > 作品情報 > 映画「迷い婚 すべての迷える女性たちへ」
メニュー

迷い婚 すべての迷える女性たちへ

劇場公開日

解説

結婚をめぐるハートウォーミングなラブストーリー。主演はTVドラマ『フレンズ』のレイチェル役で人気を博したジェニファー・アニストン。シャーリー・マクレーン(「愛と追憶の日々」)やケビン・コスナー(「ワイルド・レンジ 最後の銃撃」)など大物俳優陣が脇を固めている。監督は「恋人たちの予感」のロブ・ライナー。

ストーリー

「ニューヨーク・タイムズ」の記者サラ(ジェニファー・アニストン)は、恋人ジェフ(マーク・ラファロ)からプロポーズを受けて以来、気がめいっていた。結婚によって自分の可能性が閉ざされるような気がするのだ。姉のアニーの結婚式に出席するため故郷のパサデナに帰るサラ。その退屈な町で唯一サラの救いとなるのが個性的な祖母キャサリン(シャーリー・マクレーン)だ。結婚をためらうサラにキャサリンがふと漏らした秘密、それは今は亡きサラの母が結婚前にある若者と駆け落ちしていたという事実だった。祖母はそれ以上語らなかったがサラはその話からある結論に辿り着いた。30年前、パサデナでスキャンダルとなった事件があった。結婚式直前に、自分の母親が誘惑した若者と駆け落ちした娘の話。映画「卒業」のモデルにもなったその娘こそ、自分の母であったに違いない。自分の本当の父親は誰なのか? 両親の結婚の謎を探るべく、サラは、祖母が誘惑し、母が駆け落ちした相手、ボー(ケビン・コスナー)に会おうとサンフランシスコへと向かう。会ってみると、ボーはサラの父親ではなかったことが判った。しかし、その先には思いも寄らぬ展開が待ち受けていたのだった。...

作品データ

原題 RUMOR HAS IT...
製作年 2005年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 97分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.3 2.3 (全1件)
  • 卒業との関係性が面白い 映画、卒業と絡めたストーリーが面白い。 親子三代と関係を持ちその誰からも選ばれないどこか残念な色男ボーがなんとも言えない哀愁を漂わせていてそこが好き。 実に身勝手な女性を描いて男性が振り回される... ...続きを読む

    あずにゃん2号 あずにゃん2号さん  2016年4月17日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

迷い婚 ~すべての迷える女性たちへ(字幕版) 迷い婚 -すべての迷える女性たちへ- 迷い婚 ~すべての迷える女性たちへ
迷い婚 ~すべての迷える女性たちへ(字幕版) 迷い婚 -すべての迷える女性たちへ- 迷い婚 ~すべての迷える女性たちへ
2013年12月27日 2014年6月1日 2015年10月23日
¥300 ¥590 ¥500
iTunes ビデオパス ビデオマーケット
※au IDが必要 ※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「迷い婚 すべての迷える女性たちへ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi