夜よ、こんにちは
ホーム > 作品情報 > 映画「夜よ、こんにちは」
メニュー

夜よ、こんにちは

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

イタリアのモロ元首相誘拐暗殺事件を行なった極左武装集団”赤い旅団“の内側を描いた社会派ドラマ。監督・製作・脚本は「蝶の夢」のマルコ・ベロッキオ。撮影は「狼たちの鎮魂歌(レクイエム)」のパスクァーレ・マーリ。出演は「輝ける青春」のマヤ・サンサ、ルイジ・ロ・カーショ、「蝶の夢」のロベルト・ヘルリツカ、ピエル・ジョルジョ・ベロッキオ、「炎の戦線 エル・アラメイン」のパオロ・ブリグリア、これが長編映画デビューとなるジョヴァンニ・カルカーニョほか。2003年ヴェネチア国際映画祭特別個人貢献賞、同年ヨーロピアン・フィルム・アワード最優秀批評家連盟賞など受賞。

ストーリー

1978年のローマ。キアラ(マヤ・サンサ)は、フィアンセと称した男性と共に新しいアパートに移ってくるが、実は彼女たちは地下組織”赤い旅団“のメンバー。キアラは表向き図書館に勤務しながら、誘拐したモロ元首相(ロベルト・ヘルリツカ)を匿う役割を担っていた。図書館でキアラは、同僚のエンゾ(パオロ・ブリグリア)と親しくなり、叔父や叔母たちとの会食に、彼と共に出席する。そこでキアラの兄は”赤い旅団“を支持するが、エンゾは殺人者だと批判発言。やがて旅団リーダー格のマリアーノ(ルイジ・ロ・カーショ)は、モロに死刑を宣告する。ローマ法王が旅団に対してモロの無条件解放を懇願。今やキアラは、自分たちの信念が人を殺す権利を有するのか疑問を抱くようになっており、モロの死刑に反対する。メンバーのエルネスト(ピエル・ジョルジョ・ベロッキオ)も、これでは人々の理解を得られないと処刑に反対。しかしマリアーノとプリモ(ジョヴァンニ・カルカーニョ)は彼らの意見をはねのける。そして誘拐から55日後にモロは殺害され、旅団メンバーは逮捕されて終身刑に処せられたという報道が流れるのだった。...

作品データ

原題 Buongiorno, Notte/Good Morning, Night
製作年 2003年
製作国 イタリア
配給 ビターズ・エンド
上映時間 105分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

夜よ、こんにちは[DVD] エシュロン-対NSA網侵入作戦-[DVD] やがて来たる者へ[DVD] 最初の人間[DVD]
夜よ、こんにちは[DVD] エシュロン-対NSA網侵入作戦-[DVD] やがて来たる者へ[DVD] 最初の人間[DVD]
発売日:2007年1月12日 最安価格: ¥4,104 発売日:2008年6月4日 最安価格: ¥4,104 発売日:2012年3月30日 最安価格: ¥3,201 発売日:2013年8月24日 最安価格: ¥3,947
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi