バイバイ、ママ
ホーム > 作品情報 > 映画「バイバイ、ママ」
メニュー

バイバイ、ママ

劇場公開日

解説

全身全霊で息子を愛するあまり外界との接触を断つ母と、成長し外の世界へ目を向け始める息子の姿を描く親子ドラマ。Sister Mariella Gable Prizeを受賞したヴィクトリア・リデルの『Loverboy』をもとに、「ミスティック・リバー」の俳優ケヴィン・ベーコンが初めて映画監督を務める。出演はベーコン夫人でもある「フェノミナン」のキラ・セジウィック、「マイノリティ・リポート」のドミニク・スコット・ケイ、「クラッシュ」のマット・ディロン、サンドラ・ブロック。

ストーリー

完全な放任主義で育てられたエミリー(キラ・セジウィック)。自分のことなど目もくれない両親から絶えず孤立感を味わい育ったエミリーは、夫はいらない、ただ自分を愛し、自分からも深い愛情で包んであげられる自分の子供を何としても手に入れたい、と考えていた。この願いを果たすため、優れた“種”を探し続け、ついに息子のポールが誕生する。エミリーは惜しみない愛情を注ぎ、外部との接触を絶って育児に専念する。その甲斐あってか、ポール(ドミニク・スコット・ケイ)は利発で想像力豊かな子供に育つ。エミリーにとって、ポールが世界の中心であり、二人で過ごす時間だけが人生の全てだった。しかし成長するにつれポールは同じ年頃の子供たちと遊ぶことを望み、周囲の住民もポールをいつ学校へやるつもりなのかと質問してくる。二人だけの生活を守りたいエミリーは、ポールを連れて逃げるように田舎のコテージへと向かった。だが好奇心旺盛なポールは、そこで出会った地質学者マーク(マット・ディロン)と仲良くなり、エミリーの手から離れて行動するようになる。エミリーは学校に行かせるよりはここの方がマシだと考え、マークを誘惑して利用しようとするが、彼女の思惑を知ったポールの強い抵抗にあって結局町に帰ることを余儀なくされる。小学校へ通うことになり、以前より活き活きとし始めたポール。しかし、画一的な教育が子供の個性や才能の芽を潰してしまうと信じるエミリーは何かにつけしばしば学校からポールを連れ出すが、ポールは嫌がり、学校は子離れに問題を抱える母親の典型だと決め付ける。二人の間に生じた溝がどんどん広がっていくことに心を痛め、そして彼女はある決断を下す。...

作品データ

原題 Loverboy
製作年 2004年
製作国 アメリカ
配給 アートポート=GAGA
上映時間 86分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全1件)
  • 私の存在は絶対 ネタバレ! そんなところから始まる切ない母親のストーリー。「完璧」って難しいんだなぁと思いました。思い通りにならないことも、見ず知らずの他人に傷つけられたりすることも生きて学ぶには必要なこと。 強い母親の想... ...続きを読む

    TKN TKNさん  2013年10月23日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi