SPL/狼よ静かに死ね
ホーム > 作品情報 > 映画「SPL/狼よ静かに死ね」
メニュー

SPL/狼よ静かに死ね

劇場公開日

解説

黒社会のドンと手段を選ばぬ手荒な無頼派特別重犯罪捜査班との熾烈な戦いを描く、バイオレンス・ノワール。監督は「OVER SUMMER」のウィルソン・イップ。プロデューサーは「ファイティング・ラブ」「ツインズ・エフェクト」のカール・チャン。出演は「燃えよデブゴン」のサモ・ハン、「HERO」のドニー・イェン、「トゥーム・レイダー2」のサイモン・ヤム。2006年東京フィルメックス映画祭観客賞受賞。

ストーリー

1994年香港。黒社会のドン、ポー(サモ・ハン)の逮捕に執念を燃やすチャン捜査官(サイモン・ヤム)をリーダーに、ワー(リウ・カイ・チー)、サム(ダニー・サマー)、ロク(ケン・チャン)の4人の精鋭からなる特別重犯罪捜査班は、ポーの裁判の直前に重要証人を暗殺され立件できなくなり、やむなくポーを釈放する。3年後。病気を患い定年前の引退を決めたチャンの代わりに、捜査班には新しいリーダーとして、署内でも有名な武闘派刑事マー捜査官(ドニー・イェン)が着任する。チャンは最後の大仕事としてポーの麻薬密売アジトの壊滅作戦を実行。捜査班のメンバーは、暴力的な手段でポーの配下を逮捕、抵抗する者は容赦なく射殺した。その直後、ポーの組織に潜入していた囮捜査官が惨殺死体で発見され、偶然その場に居合わせた少年が、ポーとその部下による殺害現場を撮影したビデオを捜査班に持ち込む。チャン、ワー、サム、ロクの4人は、その映像の後半部分を消去し、そのビデオをポーによる捜査官殺害の証拠としてポーの逮捕を実行に移した。だが、ポーの部下によりチャンらの偽装工作が発覚、ポーは釈放されてしまう。そして捜査班への逆襲が開始される。その凄惨な現場に駆けつけたマーは、虫の息のワーから彼らがポーの売上金を横領していた事実を知らされる。彼らは、チャンの死後残される彼の養女の養育費にその金をあてようと考えていたのだ。マーは、ワーたちが奪った金をポーに返し、仲間を殺された落とし前をつけに行くことにする。ポーと対峙するマー。そこに立つのは、警察もやくざも、正義も悪も関係ない、ただどちらが一番強いのか雌雄を決するために向き合う二匹の野獣の姿だった……。...

スタッフ

監督
アクション監督
ドニー・イェン
脚本
セット・カムイェン
ン・ワイロン
製作総指揮
チャン・ターチー
プロデューサー
カール・チョン
撮影監督
ラム・ワーチュン
音楽
チャン・クォンウィン
ケン・チャン
編集
チュン・カーファイ
衣装
スティーブン・ツァン
スタント・コーディネーター
谷垣健治
“殺破狼”題字
アンディ・ラウ
字幕翻訳
小木曽三希子

キャスト

作品データ

原題 Sha Po Lang Spl
製作年 2005年
製作国 香港
配給 メディア・スーツ
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「SPL/狼よ静かに死ね」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi