銀嶺セレナーデ
ホーム > 作品情報 > 映画「銀嶺セレナーデ」
メニュー

銀嶺セレナーデ

劇場公開日

解説

オリンピックのフィギュア・スケートの第一人者として我国にも知られているソーニャ・ヘニーの主演映画で、相手役には新人のジョン・ペインがつき合う。アメリカ軽音楽の人気者グレン・ミラー、喜劇役者ミルトン・パーレも登場、監督は「密林の王者」のブルース・ハンバーストン、撮影はエドワード・クロンジャーガーが担当。

ストーリー

放送局のバンドが下手なので憤慨した流行歌手のヴィヴィアンは、フィル・コリイの指揮する楽団の支配人ニフティ・アレンに口説かれて、その楽団に加入するが、ピアニストのテッド・スカットがなかなかの二枚目なので、すっかり熱をあげてしまう。楽団は冬期スポーツ場として有名なサン・ヴァレイへ出張演奏にゆくことになるが、その前に、ノルウェイから避難して来た人々の中から赤ん坊を一人預かる約束をする。一同は波止場へ出迎えるが、どうした間違いか、一同の手に渡されたのは赤ん坊に非ずして、カレン・ベンスンと呼ぶ花恥しい乙女だった。カレンは相当勇敢な娘で、まず結婚をするのだと、テッドに狙いをつける。ヴィヴィアンといい仲になっていたテッドは大いに迷惑がり、彼女を残して、一同と共にサン・ヴレイへ出発してしまう。カレンは支配人ニフティを丸め込み、同じ汽車に乗込む。サン・ヴァレイへ着いたテッドは、スキイの出来ないヴィヴィアンをあとに、一人でスキイをしに出かけるが、カレンはその後を追い、数々の妙技で彼の度胆をぬく。悪戯の主が彼女と判ってテッドは怒るが、その妙技には感心し、結局仲よく一日滑り暮らす。そのため楽団の練習には遅れ、ヴィヴィアンを憤慨させてしまう。やがて、楽団一同は月明下のスキーを楽しむことになるが、カレンはテッドと2人きりになった機会をつかみ、彼のスキーを流し、自分のを折り、帰れなくする。そして山小屋へ避難する。ホテルへ帰った一同は、2人を心配し、探索に出かけるが山小屋で着いてみると、喧嘩のあとで仲直りした2人は、いい気持でダンスなどをしている。これを見たヴィヴィアンは堪忍袋の緒を切り憤然とニューヨークへ帰ってしまう。が、一同は彼女の唄に代うるにカレンのスケートの妙技を以てし、氷上大レヴュウを公開、大成功を収める。...

作品データ

原題 Sun Valley Serenade
製作年 1941年
製作国 アメリカ
配給 セントラル・モーション・ピクチュア・エキスチェンジ
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第14回 アカデミー賞(1942年)

ノミネート
撮影賞(白黒) エドワード・クロンジェガー
作曲賞(ミュージカル) エミール・ニューマン
主題歌賞 “Chattanooga Choo Choo”

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi