ナポリ湾
ホーム > 作品情報 > 映画「ナポリ湾」
メニュー

ナポリ湾

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

マイケル・パートウィーとジャック・デイヴィスの原作を「5つの銅貨」のメルヴィル・シェイヴェルソンンが監督したコメディ。脚色はシェイブルスン、ジャック・ローズとスーソ・チェッキ・ダミーコの共同。撮影は「ベン・ハー(1959)」のロバート・サーティース、音楽をアレッサンドロ・チコニーニニとカルロ・サビーナが共同で担当。出演は「僕は御免だ」のクラーク・ゲーブル、「西部に賭ける女」のソフィア・ローレン、「ロベレ将軍」のヴィットリオ・デ・シーカ、ほかにマリエット、パオロ・カルリーニら。製作ジャック・ローズ。

ストーリー

フィラデルフィアの弁護士マイク・ハミルトン(クラーク・ゲーブル)は10年前妻をすててイタリアに行ってしまっただらしない兄が事故死したため、財産整理にイタイアにやってきた。婚約者を残して国を出た彼は早くアメリカに帰りたくてたまらなかった。友人のイタリア人弁護士マリオ・ビターレ(ヴィットリオ・デ・シーカ)の出迎えを受けた彼は死んだ兄の子ナンドに会った。煙草をすい酒をのむというこの子ナンドは、安キャバレーの踊り子である叔母ルシア(ソフィア・ローレン)と、暮らしていた。ナンドは毎日おそくまで盛り場を遊び歩いて学校に通っていなかった。マイクは彼をアメリカン・スクールに通わせることにした。しかし学校をきらうナンドはルシアの許しを得て通学をやめてしまった。ふんがいしたマイクは訴訟を起して少年をルシアの手から引き離そうとした。そしてナンドと遊んでやって心理的に彼を手なづけてしまう作戦に出た。だが何度もナンドを通してルシアに会ううちに、マイクはルシアに好感をもつようになった。2人はブルー・ブルトの洞窟をはじめカプリ島のいろいろな名所をめぐって歩いた。そのうちルシアはマイクがナンドを手なづける手段として自分を利用しているのだと考えて、腹を立て、ナンドを絶体マイクに渡さないと宣言した。ナンド引渡し要求の裁判は、弁護士のマリオがルシアの美しさに参ってしまってマイクの敗訴となった。ナンドをルシアとカプリ島から引き離すのは結局不自然なことだと悟ったマイクは帰国の列車にのった。けれども車中でアメリカ人がイタリアの悪口をいうのを聞いた時、マイクは自分もこの土地を離れ難くなっているのを知り、急いでカプリ島に引きかえすのだった。...

作品データ

原題 It Started in Naples
製作年 1960年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第33回 アカデミー賞(1961年)

ノミネート
美術賞(カラー)  

第18回 ゴールデングローブ賞(1961年)

ノミネート
作品賞(コメディ)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ソフィア・ローレン

DVD・ブルーレイ

ナポリ湾[DVD] ナポリ湾[DVD] 風と共に去りぬ[Blu-ray/ブルーレイ] 或る夜の出来事[DVD]
ナポリ湾[DVD] ナポリ湾[DVD] 風と共に去りぬ[Blu-ray/ブルーレイ] 或る夜の出来事[DVD]
発売日:2010年5月28日 最安価格: ¥910 発売日:2005年12月16日 最安価格: ¥2,381 発売日:2009年12月23日 最安価格: ¥3,995 発売日:2006年3月27日 最安価格: ¥514
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi