七人のマッハ!!!!!!!
ホーム > 作品情報 > 映画「七人のマッハ!!!!!!!」
メニュー

七人のマッハ!!!!!!!

劇場公開日

解説

本物のトップ・アスリートをスカウトし、危険極まりない命懸けのアクション・シーンを撮り上げたハード・アクション・ムービー。「マッハ!」のアクション監督パンナー・リットグライの、限界値を超えるアクション映画を生み出すという野望の下、「マッハ!」の監督でありタイ映画界の誇る敏腕プロデューサー、プラッチャヤー・プンゲーオと「マッハ!」のアクション・チームが再び集結した。主演はパンナー監督の愛弟子としてムエタイ、空手をはじめ数々の格闘技をこなす期待の新星ダン・チューボン。

ストーリー

デュー(ダン・チェーポン)は麻薬売買を取り締まる国家特殊部隊に所属する刑事。その正義感と格闘技と射撃の腕前を認められた彼は、国家特殊部隊の隊長リーダムロンとともに、東南アジア最大の麻薬王ヤン将軍を逮捕するための囮捜査官に任命される。2人はドラッグ・ディーラーになりすまし、ヤン将軍の組織との接触に成功する。が、逮捕寸前のところで、ヤン将軍に正体を見破られてしまう…。壮絶な大追跡の末、デューはヤン将軍をなんとか逮捕する。が、その代償はあまりにも大きかった…。この逮捕劇でリーダムロン隊長が命を落としてしまったのだ。刑事として生きる目標を失ったデューは失意の日々を過ごしていた。そんなデューの姿を見たタイ・テコンドーの金メダリストでもある妹のニュイ(ゲーサリン・エータワッタクン)は、彼を励まそうと、スポーツ・チャンピオンの一団と共にする、タイ最北部の一体にある小さな国境沿いの村ファトンへの慰問に同行するよう、デューを誘う。かくして2人はナショナル・スポーツ協会のグループと共に、ファトンへの慰問に出発。このメンバーの中には選手団のリーダー的存在で伝説のサッカー選手タク、器械体操のチャンピオンでもあるトゥクタ(ラッタナポーン・ケムトーン)、ラグビー選手ナイト(ナンタワット・ウォンワニットシン)、セパタクローのスター選手ジョー(スーブサック・パンスーブ)といったタイ王国の誇るトップ・アスリートたちがいた。彼らの訪問を村人たちは心から歓迎した。この穏やかな田園地方でのひと時はデューの傷ついた心を癒していった…。そのとき! 反乱軍のリーダー、ローファイ率いる武装ゲリラ舞台が村を急襲。無抵抗な村人たちを無差別に虐殺しだした。銃火器で武装したゲリラ兵の前に、武器を持たないアスリートたちは何もなす術がなく、村民とともに捕らえられてしまった…。ファトンの村を占拠したローファイはこの模様をタイ政府に向けて放送し、犯行声明を送った。「24時間以内にヤン将軍を釈放すること、さもなければ、ファトンの村人全員が死ぬこととなる。」ローファイは自分の意志を示すために、村長をカメラの前で殺害してみせる。さらにローファイは切り札として、密かに保有していた核ミサイルをタイの首都バンコクに向け発射するようにプログラムする。この事実が、デューの中で眠っていた正義感を呼び覚ました。「この国を助けられるのは今ここにいる俺たちしかない!」奪われたものを奪い返すために、アスリートたちは反撃の狼煙をあげた。村人も続く。いまやアスリートたちの鍛えぬかれた技は最強の武器と化し、ゲリラ兵たちを次々と蹴散らしてゆく。果たして彼らの勇気と闘志は、村人たちを救えるのか?! そして、バンコクに向けてプログラムされている核ミサイルの発射を阻止することができるのか。...

作品データ

原題 Born to Fight
製作年 2004年
製作国 タイ
配給 ギャガ
上映時間 95分
映倫区分 PG12

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • 平和を愛するが、戦いを恐れはしない ネタバレ! 映画「七人のマッハ!!!!!!!」 (パンナー・リットグライ監督)から。 タイには、目の前で人が虐殺されようが、自分が人質となろうが、 どんな状況でも、国民を奮い立たせる歌があった。 それが「タ... ...続きを読む

    shimo shimoさん  2013年2月25日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「七人のマッハ!!!!!!!」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi