黄金の砦
ホーム > 作品情報 > 映画「黄金の砦」
メニュー

黄金の砦

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ルイス・ド・ロス・アーコスのオリジナル・ストーリーを彼自身とシドニー・ピンクが共同で脚本化し、シドニー・ピンクが製作・監督した西部劇。撮影はアントニオ・マカソリ、音楽はホセ・ソーラが担当した。出演は「駅馬車の7人」のロリー・カルホーン、ジェームズ・フィルブルック、トッド・マーティン、シルビア・ソラーほか。

ストーリー

南北戦争が終わって間もない1865年のオクラホマの荒野を、北軍の兵士たちが疲れ切った馬を南へ進めていた。旅の目的は南軍と戦うことではなく、終戦と同時に政府が除隊した兵士のために用意したニュー・メキシコの土地で農夫になることであった。一隊を指揮しているのは、もと中尉のラリー・ウィントン(ロリー・カルホーン)であった。一隊の望みは戦時中、北軍の前線基地だったグラント砦で水と食糧を補給出来ることだった。だが実際到着してみると、砦の隊長アダム少佐(ジェームズ・フィルブルック)は冷たく、水筒に1杯だけ与えて追い返そうとした。そして喉のかわきにたえられず砦に侵入した兵士と歩哨が衝突し、激しい撃ち合いとなった。砦の兵を2人殺し幽霊町まで逃げのびた一隊のヒルスロム伍長(トッド・マーティン)は、砦の連中の正体に不審を持った。彼らは終戦直後、砦を襲撃して乗っとりに成功した南軍だった。しばらくして砦に南部の大銀行家の娘バイオレット(シルビア・ソラー)が着いた。彼女はアダム少佐と組んで父が隠した黄金を南部へ運ぶ計画であった。そんな時、町のウィントン中尉は偶然、金でできた馬蹄を発見した。それは200万ドルにも及んだ。そしてその金を政府に届けようとするウィントン中尉一派と、反対するヒルストロム伍長一派が別行動を開始した。ヒルストロムはインディアンを説いて襲撃態勢を着々と整えていた。一方町ではアダム少佐が侵入して主導権を握ったが、圧倒的優勢なインディアンの襲撃を防ぐべくウィントンの提案をいれて、金の砲弾を作り、大砲を用いることになった。翌日の戦闘は熾烈をきわめ、インディアンの殆どは金の砲弾に散った。...

作品データ

原題 Finger on the Trigger
製作年 1966年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi