中共脱出
ホーム > 作品情報 > 映画「中共脱出」
メニュー

中共脱出

劇場公開日

解説

ジョン・ウェインとプロデューサーのロバート・フェローズが主宰するバトジャック・プロから発表された、中共治下の台湾海峡を舞台とした活劇篇。アーロン・シドニー・フライシュマンの原作・脚色から、「紅の翼(1954)」のウィリアム・A・ウェルマンが監督した。撮影は「紅の翼(1954)」のウィリアム・H・クローシア、音楽は「海底の黄金」のロイ・ウェッブ。主な出演者は「征服者(1955)」のジョン・ウェイン、「蜘蛛の巣」のローレン・バコール、「紅の翼(1954)」のポール・フィックスとジョイ・キム、悪役専門のベリー・クローガー、「二世部隊」のヘンリー中村など。ロバート・フェローズ製作。

ストーリー

厦門の中共軍拘留所に抑留されていた中国船の米人船長ワイルダー・(ジョン・ウェイン)は、看守を買収し脱獄に成功した。彼を迎えたのは中国人ツオー氏(ポール・フィックス)、ハン氏、シング氏、それに中共治下の米開業医の娘ケーシイ(ローレン・バコール)だった。共産主義に反対するツオーたちは、自由主義者のワイルダーを動かし彼の指示による香港への脱出を計画していたが、その前途には幾多の困難が待ちうけていた。ワイルダーは準備さえ満足に整わないこの計画を一笑に付して、人々の自重を促したが、彼等の決意は固かった。ツオー等の熱意に動かされたワイルダーは遂に立ち、脱出の計画は進められた。一時は共産シンパであるフエン(ベリー・クローガー)の手引きで、ワイルダーの身にも危険が迫ったが、彼はうまく敵兵を制し、連絡船の機関士タック(ヘンリィ・中村)と計って連絡船を奪った。船は竹山号と命名され、人々は家財、食料を積み込んで香港への危険な旅路にのぼった。急追する共産軍哨戒艇は、巧みに仕掛けられた罠にかかって沈没した。ワイルダーに導かれた竹山号は昼間は入江に潜伏し、夜間に航行を続けた。敵艇の捕虜が食料に毒物を混入し、全食糧の大半を放棄する事件もあった。数日後、竹山号は暴風雨に襲われ、そのため船の一部は破壊され甲板上の家畜は大波の餌食となった。ある夜、遂に捕虜の暴動が起こり、鋒先はワイルダーに向けられた。彼は激闘の末、急進分子を倒したが負傷しケーシイの看護を受けた。燃料の欠乏した竹山号中共駆逐艦に発見され、砲撃された。人々は満身創夷の船をなおも操って、遂に香港に到着した。鳴り響く汽笛と歓声の中に、ワイルダーとケーシイは初めてひしと抱き合った。...

作品データ

原題 Blood Alley
製作年 1955年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

中共脱出(字幕版)
中共脱出(字幕版)
2014年12月3日
¥300
Google Play

他のユーザーは「中共脱出」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi