マダムと奇人と殺人と
ホーム > 作品情報 > 映画「マダムと奇人と殺人と」
メニュー

マダムと奇人と殺人と

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

連続殺人事件の捜査と並行して、一風変わったビストロに集う個性溢れる面々のユーモラスかつブラックな人間模様が展開していくサスペンス・コメディ。『レオン警視』シリーズを含む30作品以上の小説を出版し、フランスでカルト的な人気を博する女性作家、ナディーヌ・モンフィスが、その『レオン警視』シリーズの中の『MADAME EDOUARD』を原作に、作者自身でメガホンをとった。レオン警視を演じるのは、俳優ばかりではなく、監督、脚本とマルチな才能を発揮するフランス映画界の重鎮ミシェル・ブラン。

ストーリー

舞台はベルギー、ブリュッセル。“美大生連続殺人事件”が発生。死体はそれぞれ名画収集家の墓の後ろに隠されていて、右の腕が切断されている。レオン警視(ミシェル・ブラン)は、なぜか触ったものが次々と壊れる助手の刑事ボルネオ(オリヴィエ・ブロッシュ)と、ぼやいてばかりの愛犬バブリュットを連れてさっそく捜査を開始する。次々と発見される死体。謎の人物からの電話…。そしてレオン警視が辿り着いたのは、下宿付きのビストロ、その名も“突然死”。そこには、ちょっと変わったキャラクターの人々ばかりが集っていた。おかまのイルマ(ディディエ・ブルドン)。いつもロゼワインしか飲まないローズ。まずい料理ばかり作るコックのジェジェ。いつも鳥を連れている老人、などなど。彼らは口々に事件の事など知らないと言う。しかし店の評判が落ちることを気にして、実は、下宿人が行方不明になっている事をひた隠しにしていたのだ。そんな中、イルマが一大決心をする。それは、かつて付き合っていた女性(!)との間に生まれた実の娘のマリー(ジュリー・アンヌ・ロット)と対面すること。それも“おかま”というありのままの姿で。娘と対面すると決めたからには、今の自分を偽りたくはない。今までの自分を否定はしたくないのだ。イルマは娘の事は片時も忘れた事はないのだが、マリーが20歳になる今まで一度も彼女に会った事がない。それは、マリーが自分の父親がおかまだということがわかったら、きっとショックを受けるだろうというイルマの配慮からなのだ。一方マリーは、イルマがおかまであることを知らない。そして、父親は今まで一度も自分に会いに来てくれた事がないのだから、自分は父親に見捨てられたと思い込んでいる。果たしてマリーは、そんな父親を認めるのであろうか? そして、そもそもおかまである父親を受け入れられるのであろうか? そうこうしてゆくうちに、事件の方も新たな展開をみせ始める。現場に残されている謎の暗号を発見したレオン警視は、徐々に、事件の確信に迫ろうとしていた。...

作品データ

原題 Madame Edouard
製作年 2004年
製作国 フランス・ベルギー・ルクセンブルク合作
配給 バップ=ロングライド
上映時間 97分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

マダムと奇人と殺人と[DVD] 愛しき人生のつくりかた[DVD] マダム・マロリーと魔法のスパイス[DVD] プロスペローの本≪無修正HDリマスター版≫[DVD]
マダムと奇人と殺人と[DVD] 愛しき人生のつくりかた[DVD] マダム・マロリーと魔法のスパイス[DVD] プロスペローの本≪無修正HDリマスター版≫[DVD]
発売日:2006年5月24日 最安価格: ¥5,184 発売日:2016年7月2日 最安価格: ¥3,175 発売日:2015年4月8日 最安価格: ¥2,674 発売日:2015年5月13日 最安価格: ¥3,175
Powered by 価格.com

他のユーザーは「マダムと奇人と殺人と」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi