ヘッドハンター(2004)
ホーム > 作品情報 > 映画「ヘッドハンター(2004)」
メニュー

ヘッドハンター(2004)

劇場公開日

解説

能力のある人材を高収入の条件で引き抜く[ヘッドハンティング]を生業とする男の姿を描くサスペンス・ドラマ。主演は「ブロークン・アロー」のクリスチャン・スレーター。共演にテレビドラマ『アリー my Love』のギル・ベローズ、「PLANET OF THE APES 猿の惑星」のエステラ・ウォーレン。

ストーリー

シアトルの中小企業”ビズトラックス”に勤めるベン(ギル・ベローズ)は、人間に投与したある成分物質が血液中でプラズマコードに変質し、そのコードを解析してその人物の居場所を人工衛星を使って15分以内に特定できるという、究極の追跡システムを完成させた。それは経営危機に陥っていた会社にとって朗報であり、出資しようと考える銀行に対しても大きなアピールになろうとしていた。ある日、彼の目の前にヘッドハンター、ビンセント(クリスチャン・スレーター)が現れる。多額の給与保障で大企業への引き抜きを仕掛けて来るが、ベンは社長のフランクリン(マイケル・クラーク・ダンカン)への恩義を感じていて、依頼を完全に断った。だが、ベンは彼の本性を知るよしもなかった。ビンセントはこれまでもターゲットをものにするためには殺人をもいとわない冷酷な男だったのだ。断られたその時からビンセントは強引なヘッドハンティングを始める。罠を張り巡らせるビンセントは、偶然を装い彼の妻・エミリー(エステラ・ウォーレン)に近づき関心を引き、彼らの幼い娘にプレゼントを贈る。そして旅行先に現れベンを傷つけたり、社内にもメールを使い彼にヘッドハンティングの話があるという不信感を漂わせるような文面を送る。ベン自身も自分しか知りえない情報がビンセントに流れていることで秘書をクビにし、同僚たちをも疑うようになってしまう。精神的にも次第に追い詰められていくベンは、ある日、彼のことを調べていくうちに、ボストンのジョン・ブレークリー(ケビン・マクナルティー)という人物がヘッドハンティングされた記事とその数日前に彼の妻が殺害された記事を見つける。事実を確かめるためにベンはブレークリーに会う。だが、彼はベンにこう言う。「彼から逃れるためには、転職するか、彼を殺すしかない。」ベンは妻や子を守るために、警備会社の担当に助けを求める。だが、ちょうどその頃、ビンセントの魔の手は、病気で倒れたフランクリンにも及んだ。我慢の限界に達したベンは、ついにビンセントへの反撃を開始する。...

作品データ

原題 Pursued
製作年 2004年
製作国 アメリカ
配給 バップ、ロングライド
上映時間 77分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア[DVD] ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2[DVD] チェイス・ヴァニッシャー[DVD] その男は、静かな隣人[DVD]
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア[DVD] ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2[DVD] チェイス・ヴァニッシャー[DVD] その男は、静かな隣人[DVD]
発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥900 発売日:2015年4月22日 最安価格: ¥4,754 発売日:2015年12月18日 最安価格: ¥1,000 発売日:2009年4月3日 最安価格: ¥3,203
Powered by 価格.com

他のユーザーは「ヘッドハンター(2004)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi