ワンダーランド
ホーム > 作品情報 > 映画「ワンダーランド」
メニュー

ワンダーランド

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

映画「ブギーナイツ」のモデルである実在のポルノスター、ジョン・ホームズが関わった迷宮入りの殺人事件を映画化。ホームズ役には「ドアーズ」のヴァル・キルマー。共演にケイト・ボスワースとリサ・クドロー。監督は新鋭ジェームズ・コックス。映画化に当たり、ホームズの妻シャロンと恋人だったドーンをアドバイザーに迎えている。

ストーリー

1981年夏、ロサンゼルス・ハリウッド。ロス市警はワンダーランド通りからの通報を受けとる。現場で警官が見たのは、4人の惨殺された遺体と、危篤状態にある1人の女性の姿だった。最初は麻薬絡みの通り一遍の事件に見えたが、絶大な"恥名度"を誇るポルノ王ジョン・C・"ジョニー・ワッド"・ホームズ(ヴァル・キルマー)と大物ギャングのエディー・ナッシュ(エリック・ボゴシアン)が関与していると分かると、一転してロサンゼルスの暗黒面を浮き彫りにする大事件へと発展する。事件からさかのぼる事、数日前、ドーン(ケイト・ボスワース)はハリウッドの街の片隅で子犬を抱えながら震えていた。恋人のポルノスター、ジョン・ホームズに置き去りにされて2日目。そこを通りかかった宗教家の婦人の家に匿われ、シャワーを浴び、朦朧としたままの頭で、ジョンに電話をかける。報せを聞いたジョンは自慢のアメ車でその家に駆けつけ、泣きじゃくるドーンをなだめ、奥の洗面室に連れて行く。荒々しい男の出現に慌てる婦人の姿は、ジョンの眼には入っていなかった。その眼の中には、愛しくてたまらないドーンしか映っていない。2人は半開きのドアなど気にすることもなく狭い洗面台で激しく、お互いの体を求め合った。ドラッグの入ったスーツケースと脱ぎ捨てた下着を抱えて、ジョンとドーンはその家を飛び出した。たどり着いたモーテルでまたも置き去りにされてしまうドーン。「手に入れたお宝を金に換えてくる」と言い残してジョンは出ていてしまったのだ。明くる朝、戻ってきたジョンは目の焦点が定まらず、顔にはキズがある。心配するドーンをよそに震える手でビールを開け、「事故があったんだ…玉突き事故が…」と、うわ言のように繰り返すばかり。TVではワンダーランド通りのある家で起きた惨殺事件のニュースが流れていた。ジョンは、そのニュースから逃げるようにして、ベッドの中にもぐりこんだ。もう一人、別の場所で同じニュースを見て驚愕する男デヴィッド・リンド(ディラン・マクダーモット)は、自分が起こした過ちに気付き、やり場の無い怒りと恐怖に襲われていた。リンドは数日前、ハリウッドのギャング仲間と共に、ジョンの手引きである大金持ちの男の家を襲撃し、金目のものを根こそぎ盗んだあげく、その男に銃をくわえさせるという屈辱を与えていたのだった……。...

作品データ

原題 Wonderland
製作年 2003年
製作国 アメリカ・カナダ合作
配給 東北新社
上映時間 106分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi