やさしくキスをして
ホーム > 作品情報 > 映画「やさしくキスをして」
メニュー

やさしくキスをして

劇場公開日

解説

アイルランド人の女性とイスラム系移民2世の男性が、宗教の問題を乗り越えて愛を貫こうとするラヴ・ストーリー。監督は「SWEET SIXTEEN」のケン・ローチ。脚本のポール・ラヴァティをはじめ、スタッフはほぼ同作からの引き継ぎ。音楽はケン・ローチ作品以外にも「ディープ・ブルー」「ジャスティス 闇の迷宮」などがあるジョージ・フェントン。出演はアイルランドの映画界で活躍するエヴァ・バーシッスル、これがデビューとなるアッタ・ヤクブほか。2004年セザール賞EU(欧州賞)作品賞、同年IFTA賞主演女優賞、同年バリャドリッド国際映画祭観客賞などを受賞。

ストーリー

スコットランドのグラスゴー。カソリックの高校で音楽を教えるロシーン(エヴァ・バーシッスル)は、若くして結婚した夫と別居中で、心に寂しさを抱えていた。ある日、彼女は教え子のタハラ(シャバナ・バクーシ)の兄で、パキスタン移民2世のカシム(アッタ・ヤクブ)と知り合う。彼はグラスゴーで最先端のクラブでDJとして働きながら、将来自分のクラブを経営することを夢見ている。2人はすぐに愛し合うようになるが、厳格なイスラム教徒であるカシムの父親タリク(アーマッド・リアス)は、異教徒との結婚を認めておらず、従姉妹のジャスミン(スンナ・ミルザ)をカシムの婚約者に決めてしまう。そのことを中々言い出せないカシムだったが、スペイン旅行の際、ついにロシーンに打ち明けた。激怒するロシーンに対し、カシムは、やはり強い絆で結ばれた家族を裏切ることはできないと主張。だがやがて感情を抑えきれなくなったカシムは、家を出てロシーンと暮らすようになる。しかし2人は何度も衝突し、またロシーンはイスラム教徒との交際が原因で、カソリックの高校から無宗派の学校への異動を命じられてしまう。さらにロシーンは、カシムの姉ルクサナ(ギザラ・エイヴァン)から自分たちの家族の事情を見せつけられ、ショックを受ける。そのことをタハラから知らされたカシムは、父を振り払い、ロシーンを追って実家を飛び出した。そしてロシーンの家に戻ったカシムは、彼女と静かにキスを交わすのだった。...

作品データ

原題 Ae Fond Kiss
製作年 2004年
製作国 イギリス・イタリア・ドイツ・スペイン合作
配給 シネカノン
上映時間 104分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全2件)
  • 信じること。 ネタバレ! 結婚とは、自分も家族も生涯に渡って安定させることが目的の制度。 恋愛とは、感情という予測不能なものに身を任せること。 文化の違うふたりが、慣習を超えるほどの感情を持ち、未来の自分達を信じようとす... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2016年11月4日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 燃えるような・・・燃え尽きるような ネタバレ! 「麦の穂をゆらす風」など、常に時代に抗い続けた人間を描き続けるケン・ローチ監督が、自身のキャリアにおいて初めて挑んだラブストーリー。 違和感があった。どうしても拭えない違和感があった。互いの名前... ...続きを読む

    ダックス奮闘{ふんとう} ダックス奮闘{ふんとう}さん  2011年2月23日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「やさしくキスをして」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi