Jの悲劇
ホーム > 作品情報 > 映画「Jの悲劇」
メニュー

Jの悲劇

劇場公開日

解説

ひとりの作家が、気球事故の現場で出逢ったファンの男に翻弄される心理サスペンス。監督は「チェンジング・レーン」のロジャー・ミッチェル。原作はイアン・マキューアンのベストセラー小説『愛の続き』。音楽は『待ち焦がれて』(V)のジェレミー・サムズ。美術は「アンダー・ザ・スキン」のジョン・ポール・ケリー。編集は「ダスト」のニコラス・ガスター。衣裳は「CODE46」のナタリー・ワード。出演は「シルヴィア」のダニエル・クレイグ、「ケミカル51」のリス・エヴァンス、「CODE46」のサマンサ・モートン、「銀河ヒッチハイク・ガイド」のビル・ナイ、「カーサ・エスペランサ~赤ちゃんたちの家」のスーザン・リンチほか。2005年ロンドン映画批評家協会賞ブリティッシュアクター・オブ・ザ・イヤーALFS賞受賞。

ストーリー

作家で大学教授のジョー(ダニエル・クレイグ)は、長年の恋人で彫刻家のクレア(サマンサ・モートン)と郊外の草原でピクニックを愉しんでいた。そんな中、操縦不能となった赤い気球が草原に落下。ジョーと現場にいた3人の男たちは気球へと駆け寄るが、その中の一人が転落死してしまった。思いがけない悲劇に茫然とするジョーは、その時、ジェッド(リス・エヴァンス)という男と出逢った。数日後、ジョーはジェッドからの電話を受ける。ジェッドはジョーのファンを自称しつつ、事故を共有したことで生まれた絆を強調するなど、異常な接し方を示し、やがてそれは執拗なストーカー行為へと発展していった。事故の精神的後遺症のうえ、ジェッドの行動にも悩まされるジョーは、だんだんクレアにつらく当たるようになり、まもなく2人の関係は終わってしまう。だが、友人のロビン(ビル・ナイ)とレイチェル(スーザン・リンチ)の家で朝を迎えたジョーに、クレアから電話がかかる。なんとジェッドが訪ねて来ているという。あわててジョーが家に戻ると、ジェッドはクレアに接近しており、やがて彼女の腹部にナイフを刺す。ジョーはゆっくりとジェッドに近づき、彼にキスをしながらその体にナイフを刺した。数日後、ジョーは、一命を取り止めたクレアと共にシャンペンのボトルを開ける。一方、ジェッドは精神病院に収容され、絶え間なくジョーに手紙を書き続けるのだった。...

作品データ

原題 Enduring Love
製作年 2004年
製作国 イギリス
配給 ワイズポリシー
上映時間 101分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

Jの悲劇
Jの悲劇
2011年11月18日
¥500
ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「Jの悲劇」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi