草むらの快楽
ホーム > 作品情報 > 映画「草むらの快楽」
メニュー

草むらの快楽

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョン・E・モーランの脚本を「欲情」のラス・メイヤーが製作・監督・撮影にあたったセックスもの。音楽はイーゴ・カンターが担当している。出演は新人のアレイナ・カプリ、スチュアート・ランカスター、TV出身のカレン・サイラル、ハジなど。

ストーリー

ある片田舎の町に住む大金持ちのバート(スチュアート・ランカスター)は美しく、グラマーな妻エンジェル(アレイナ・カプリ)と、先妻との間に生まれた十七歳の娘ラナと、表面的には何不自由なく暮らしていた。が、バートは男性として能力がなく、エンジェルは、しじゅう不満をもらしていた。そこでエンジェルは、一人で沼に出かけ、ほてった体を冷やしていた。そんな彼女の前に、砂利採取場で働いているストーンという男があらわれた。飢えていたエンジェルは、ためらいなくストーンに抱かれた。二人の関係をバートは気づいたが、何も言わなかった。それをいいことに、エンジェルは、おおっぴらにバートとの情事をかさねた。そんなある日、バートは森へ出かけた。そこで彼は、魔女に会い、血の混った不思議な飲み物を与えられ、男性を回復させた。エンジェルは、バートの手で、結婚以来はじめて歓喜の声をあげた。その頃娘のラナは、ボーイフレンドをエンジェルに誘惑された仕返しに、ストーンを奪おうと、ストーンの腕に抱かれていた。帰ってきたラナの様子から、娘をストーンに汚されたと知ったバートは、怒りに燃えてストーンの所に向かい、半殺しの目にあわせた。そして、彼は家へ戻ると、裸で寝ているエンジェルの上へおおいかぶさっていった。...

作品データ

原題 Good Morning And Good Bye!
製作年 1969年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi