変身(2002)
ホーム > 作品情報 > 映画「変身(2002)」
メニュー

変身(2002)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ある朝突然巨大な虫に変身してしまった男の物語、フランツ・カフカの代表作『変身』を完全映画化した異色作。監督は同作の舞台版を手掛けたロシア演劇界の鬼才ワレーリイ・フォーキン。主演はロシア演劇界期待の若手エヴゲーニイ・ミローノフ。

ストーリー

降りしきる雨のプラハ。布地の販売外交員であるグレーゴル・ザムザ(エヴゲーニイ・ミローノフ)。彼は布地のサンプルを抱え、一年中旅をしている。プラハのわが家に久しぶりに戻ったグレーゴルは、家族となごやかに食卓を囲み、最愛の妹グレータ(ナターリヤ・シヴェツ)のバイオリンに耳をかたむける。親の借金を返すために、グレーゴルは意に添わない仕事をしている。借金返済まで、あと5、6年は今の仕事を続けなければいけない。その一方で、音楽が好きな妹を音楽学校にいかせてやることを、グレーゴルは計画している。わが家で過ごす幸せなひととき。それが、一変する。ある朝、巨大な虫に変身してしまったグレーゴルは、自分が<ここにいる>ことを分かってもらおうと、家族や知人たちに<発信する>。しかし、周囲の人々には、まったくそれが分からない。部屋を出ることもできず、自分がどうして虫になってしまったのかさえ分からないまま、グレーゴルはもがきつづける。しかし、日が経つにつれて、グレーゴルは薄汚れてゆき、表情もうつろなものとなっていく。体から汁を出しながら床を這ったり、父親に投げつけられたリンゴが背中にめりこんだり、じょじょにグレーゴルは弱ってゆく。虫となったグレーゴルを見つめる家族のまなざしも、自然と変わってゆく。「本当の兄さんなら、家族が苦しむのを見て自ら消えるわ」。グレータから浴びせられる残酷な言葉。グレーゴルは絶望し、ついに……。...

作品データ

原題 IIPEBPAIIIEHИE/Metamorphosis
製作年 2002年
製作国 ロシア
配給 パンドラ
上映時間 87分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「変身(2002)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi