80デイズ
ホーム > 作品情報 > 映画「80デイズ」
メニュー

80デイズ

劇場公開日

解説

ジュール・ヴェルヌの冒険小説を映画化した1956年の「80日間世界一周」を、ジャッキー・チェン主演でリメイク。共演は「24アワー・パーティ・ピープル」のスティーヴ・クーガン。監督は「ウェディング・シンガー」のフランク・コラチ。アーノルド・シュワルツェネッガー、アカデミー賞女優キャシー・ベイツをはじめ、豪華スターが多数ゲスト出演している。

ストーリー

19世紀末、英国ロンドンのイングランド銀行に、白昼堂々一人の泥棒ラウ・シン(ジャッキー・チェン)が侵入する。賊は軽業師のような身のこなしで脱出すると、追いかけてくる警官たちからまんまと逃れ、忽然と姿を消してしまう。ラウ・シンがたまたま身を隠したのが、空を飛ぶ夢にとりつかれた発明家フィリアス・フォッグ氏(スティーヴ・クーガン)の屋敷に植わった木のこずえだったことから、奇想天外な物語が始まる。今しもフォッグ氏は、彼の実験台になることを拒む使用人に逃げられたところ。そこへ頭上から落ちてきたのがラウ・シンだった。彼を雇うことにしたフォッグ氏は、早速、人類初の時速80キロ突破を目指す実験を開始する。一方、王立科学アカデミー長官のケルヴィン卿(ジム・ブロードベント)は、イングランド銀行に預けていた翡翠の仏像が盗まれたと知ってカンカン。そこへ現れたのは、件の仏像をケルヴィン卿にもたらした中国人のファン将軍(カレン・モク)。彼女は、この貴重な仏像と引き換えに大英帝国の軍事援助を求めていたのだった。だが仏像が戻らない限り、ケルヴィン卿に取引の意思はないと知った将軍は、部下たちに捜索開始を命令する。パスパルトゥーと名乗り、フォッグ氏の新しい使用人となったラウ・シン。だが彼の本当の目的は、故郷の村からファン将軍の一味”黒サソリ”によって盗まれた大切な守り本尊の仏像を、一刻も早く、無事に村に持ち帰ることだった。その絶好のチャンスは、フォッグ氏のお供で王立科学アカデミーへ出向いた時にめぐってくる。フォッグ氏の突飛な発想は、常々アカデミー会員たちの物笑いの種だった。彼が80日で世界一周が可能だと述べた時、意地悪なケルヴィン卿がその立証を迫ったのは、ごくあり得ることのように思われる。だが実はその裏には、パスパルトゥーの機転が働いていたのである。ともかくフォッグ氏はケルヴィン卿と大きな賭けをすることになった。もし80日以内に世界一周して戻って来たら、彼はアカデミー長官、すなわち科学大臣の地位を得る。だが失敗すれば彼はアカデミーを追放され、二度と発明を許されない。こうしてフォッグ氏とパスパルトゥーは、どんな困難が待ち受けているとも知らぬまま世界一周の駆け足の旅に出発するが……。...

作品データ

原題 Around the World in 80 Days
製作年 2004年
製作国 アメリカ
配給 ヘラルド
上映時間 121分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全2件)
  • すっかり香港映画 ネタバレ! 総合:60点 ストーリー: 55 キャスト: 70 演出: 60 ビジュアル: 65 音楽: 65 「80日間世界一周」のリメイクということなのだが、内容はかなり異なる。一応洋画らしいが、ジャッ... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2013年3月4日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • なかなか笑えた♪ ジャッキーの映画はやっぱり笑える♪ あれだけこの年で動けるおっさんはなかなかいないでしょう(笑) 一緒に出てたスティーヴ・クーガンはあまり知らなかったんだけど味があってキャラクターが良かった!名... ...続きを読む

    singjay singjayさん  2011年2月12日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi