ジョルスン再び歌う
ホーム > 作品情報 > 映画「ジョルスン再び歌う」
メニュー

ジョルスン再び歌う

劇場公開日

解説

「ジョルスン物語」の続篇で、製作と脚色は同じくシドニー・バックマン。監督は「戦うロビンフッド」のヘンリイ・レヴィン。撮影は「姫君と海賊」のウィリアム・スナイダー、音楽はジョージ・ダニングの担当である。アル・ジョルスンには正篇と同じくラリイ・パクスが扮するほか、新たに「窓」のバーバラ・ヘイルが加わり、谷「夜は千の眼を持つ」のウィリアム・デマレスト、ルドウィヒ・ドナート、ビル・グッドウィン、マイロン・マコーミックらが助演する1950年作品。

ストーリー

シンガーとして功成り名とげたアル・ジョルスン(ラリー・パアクス)は、ハリウッドに隠棲して小さなナイト・クラブで歌っては悠々自適の生活を送っていた。妻も彼の元を去り、ブロードウェイ主演での大成功も彼を興行界に引きとめず、この不世出の歌手も一時引退したかにみえた。しかし母が死んだ時、父は、彼の芸道への精進をさとした。たまたま第2次大戦が起こり、彼は旧マネジャー、スティヴ・マアティン(ウィリアム・デマレスト)のたっての勧めで、海外将兵の慰問に世界中を飛びまわった。将兵の感謝と激讃にも拘らず、彼はマラリアにかかって帰国したが、その病床に付き添った看護婦エレン(バーバラ・ヘイル)との交際は、2人を結婚にまで進ませた。戦後、オールド・タイマーの悲哀をかこつアルの新家庭に、かつて彼が慰問の途上アリューシャンで出会った部隊長で、現在映画製作者をしているブライアント(マイロン・マコオミック)が訪ねて来た。彼の伝記映画を製作したいという申し込みに、アルはびっくりしたが、しかし技術の粋をつくしてアルの声を吹き込んだ映画「ジョルスン物語」は異常の大成功を生み、かくてアル・ジョルスンは頭髪霜をいただく年齢で再びトップ・エンターテイナーの位置にのし上がったのだった。...

作品データ

原題 Jolson Sings Again
製作年 1950年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
上映時間 96分

提供:株式会社キネマ旬報社

「ジョルスン」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi