みんな誰かの愛しい人
ホーム > 作品情報 > 映画「みんな誰かの愛しい人」
メニュー

みんな誰かの愛しい人

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

すれ違いに悩むある家族の肖像とその周辺の人々の心模様を描いたヒューマン・ドラマ。監督・脚本・出演は「ムッシュ・カステラの恋」のアニエス・ジャウイ。脚本・出演はジャウイと多くコンビを組むジャン=ピエール・バクリ。音楽は「スイミング・プール」のフィリップ・ロンビ。共演は本作が本格的な女優デビューとなるマリルー・ベリ、「パリ、18区、夜。」のローラン・グレヴィル、これが長編デビューとなるカイン・ボーヒーザほか。2004年カンヌ国際映画祭脚本賞受賞。

ストーリー

20歳のロリータ(マリルー・ベリ)は、有名大作家の父親エチエンヌ(ジャン=ピエール・バクリ)の影に隠れてパッとしない自分にコンプレックスを持っている。一番の悩みは太めの体型だが、皮肉にも、父が連れてきた新しい母のカリーヌ(ヴァージニー・デサルナ)は、自分と年の変わらぬスレンダーな美女。ロリータは唯一の特技である歌でエチエンヌの気を引こうとするが、自己中心的で傲慢な父には気づいてもらえない。ジャーナリストの卵であるボーイフレンドのセバスチアン(カイン・ボーヒーザ)に対しても、父とのコネが目当てでは……と疑心暗鬼になってしまう。一方、ロリータの歌の教師シルヴィア(アニエス・ジャウイ)は、夫の売れない作家ピエール(ロラン・グレヴィル)のことで手を焼いていた。そんな時、ロリータの父の素性を知り、急に彼女に接近する。エチエンヌはピエールに興味を持っており、大きな書評が出て、ピエールは一躍有名作家になった。大喜びのシルヴィアだったが、しかしやがて彼女は、ロリータの歌の講演会も途中退席してしまったエチエンヌを、人として尊敬できなくなる。そんなエチエンヌは、セバスチアンを怒らせて落ち込むロリータを慰めようとするが、そこでロリータは初めて、セバスチアンの自分への愛に気づく。そして自転車に乗ってセバスチアンを捜し出し、仲直りするのだった。...

作品データ

原題 Comme une image
製作年 2004年
製作国 フランス
配給 ギャガ
上映時間 111分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第57回 カンヌ国際映画祭(2004年)

受賞
コンペティション部門
脚本賞 アニエス・ジャウィ ジャン=ピエール・バクリ
出品
コンペティション部門
出品作品 アニエス・ジャウィ

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「みんな誰かの愛しい人」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi