靴に恋して
ホーム > 作品情報 > 映画「靴に恋して」
メニュー

靴に恋して

劇場公開日

解説

スペイン・マドリッドを舞台に、それぞれ悩みを抱えながら懸命に生きる5人の女性と彼女たちの履く靴をテーマにした5つの人間ドラマ。出演は、「オープン・ユア・アイズ」のナイワ・ニムリ、「オール・アバウト・マイ・マザー」のアントニア・サン・ファン、「欲望のあいまいな対象」のアンヘラ・モリーナら、スペインを代表する女優陣がそろった監督はスペイン期待の新鋭ラモン・サラサール。2002年ベルリン映画祭正式出品。

ストーリー

盗んだ靴をはく女―23歳のレイレ(ナイワ・ニムリ)は、高級靴店の店員。夢は靴デザイナーになることだが、才能に自信が持てず焦りはつのるばかり。店からこっそり盗んだ真っ赤なハイヒールを履いて毎夜ディスコで踊る。ある日、画家の恋人クン(ダニエリ・リオッティ)と大ゲンカする。街角の公衆電話から彼に電話した。すると留守番電話になり、「レイレとクンの携帯電話です」と2人の声でメッセージが流れた。楽しかった頃を思い出し公園のベンチで泣くレイレ。クンはレイレに「夢をあきらめるな」と告げ、彼女が書き溜めていた靴のデザインブックを手渡し、部屋を出て行った。恋人と仕事を失った彼女は、盗んだ赤い靴を履いていつものようにクラブで踊る。靴のヒールが折れて彼女は倒れた。それで吹っ切れたレイレは、クンと共有の携帯電話を捨てた……。偏平足の女―アデラ(アントニア・サン・ファン)は49歳。キャバレーでマダムを務めている。娘のアニータ(モニカ・セルベラ)は知的障害を持つ。アニータの面倒は看護士ホアキン(エンリケ・アルキデス)に依頼している。ある日、客の高級官僚レオナルド(ルドルフォ・デ・ソーザ)からデートのお誘い。二人はタンゴを踊った。ずっと忘れていた女としての快感に満たされ、幸せに酔いしれる。しかし、レオナルドの知り合いから、彼に妻がいることを聞き、絶望するアデラ。悲嘆に暮れている彼女の元に娘のアニータが行方不明になったとの連絡が入った。アデラは母親としての自分に目覚め、大雨の中、娘を探しに飛びだした……。スリッパをはく女―マリカルメン(ビッキー・ペニャ)は、堅実で現実的な43歳のタクシードライバー。彼女は血のつながっていない3兄弟の母親だ。彼女に敵意を抱く次女ダニエラはヤク中、小学生の息子ビクトルは内向的でいつも赤い長靴を履いている。もう一人の娘はすでに家を出ている。夫が急逝して10年、自分の幸せは顧みずずっとみんなのために生きてきた。ある日家に帰ると、薬の過剰摂取でダニエラが倒れ、病院へ。医師から「お母さんですか?」と聞かれ、「母ではありません。一番身近な人間です。」と悲しそうに答える。いくら頑張っても本当の身内にはなれない。ビクトルをお風呂に入れていると、小さな声で言った「ママに会いたい…」今まで実の母親のように愛情を注いできたつもりだったのに…。涙があふれた。そこへ、家出していた長女レイレが突然帰ってきた……。スニーカーをはく女―アニータは25歳。知的障害者だ。いつも黄色いスニーカーをはいて、大好きな飛行機を見つめる。毎日世話にきてくれる看護学生のホアキンにひそかに恋をしている。得意の絵で思いを伝えようと一生懸命き、その絵を彼に渡した。彼は嬉しそうだった。ある日、彼に連れられていつもの散歩道とは違う道に出てみた。最初は怖かったが、大好きな空港に行くことができた。彼が新しい世界を教えてくれたのだ。毎日ホアキンの来る時間が待ち遠しくて仕方がない。心配した母アデラは、彼はもう二度と家にこないと、アニータに言った。泣きじゃくるアニータを抱きしめ慰めるホアキン。そんな二人を見たアデラは逆上し、彼に二度と来るなと言い放つ。傷ついた彼は慌ててアパートを飛び出し、道でマリカルメンの運転するタクシーにぶつかる。家に帰り、彼を優しくなぐさめた恋人はクンだった……。小さな靴をはく女―イザベル(アンヘラ・モリーナ)は、高級官僚の妻、45歳。夫婦の仲はとうに冷え切っている。1サイズ小さい高級靴を買いあさることで孤独を埋める。いつものように足専門医の元へ行き、足を見てもらう。小さなサイズの靴を履くことで彼女の足は悲鳴をあげている。ある夜のホームパーティ、肝心の夫は不在だ。バスルームで他人の夫と慌しいセックスをして、一人残され虚しい気分になる。後日、足専門医と食事した時、トイレに立つと夫が見知らぬ女と囲んでいるテーブルの前を通る…。ある夜、夫に「出て行くわ」と言ったが、夫は止めなかった。どしゃ降りの雨の夜、彼女は家を出て行くが……。...

作品データ

原題 Piedras
製作年 2002年
製作国 スペイン
配給 エレファント・ピクチャー
上映時間 135分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全1件)
  • ちょっと力みすぎ 舞台はスペイン・マドリッド。靴を軸に5人の女性のドラマで「監督はスペイン期待の新鋭」ということらしい。描きたいことがたくさんあるのだろうけど、正直な感想はちょっと力みすぎなんじゃない、というとこ... ...続きを読む

    chocolate chocolateさん  2007年1月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「靴に恋して」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi