家族のかたち
ホーム > 作品情報 > 映画「家族のかたち」
メニュー

家族のかたち

劇場公開日

解説

夫と別れ、娘と共に優しい男と幸せな関係を築いていた母娘のもとに、突然元夫が戻ってきたことから始まる騒動を暖かな眼差しで描くハートフル・コメディ。主演はリス・エヴァンスとロバート・カーライル。共演は「ひかりのまち」のシャーリー・ヘンダーソン。監督は「トゥエンティフォー・セブン」のシェーン・メドウス。

ストーリー

テレビ番組『フェルツにおまかせ』の人気コーナー「英国で最低の夫」にキャロル(キャシー・バーク)とチャーリー(リッキー・トムリンソン)夫妻が出演中。観客の前でどちらが悪いかを決めるコーナーだ。証言者には、キャロルの親友シャーリー(シャーリー・ヘンダーソン)とその娘マーリーン(フィン・アトキンス)。ところが司会者はいきなりシャーリーに「あなたの恋人のデックが今どこにいると思う?」と質問。そこへ突然デック(リス・エヴァンス)が大きな花束を抱えて登場、シャーリーに愛の詩を読んでプロポーズする。しかしシャーリーは嬉しさよりも動揺が先に立ち、慌てて「ノー」と答えてしまう。スタジオ中は一挙にため息に包まれた…。気まずいムードで地元ノッティンガムに戻ってきた一行。シャーリーは、自分と娘を捨てて街を出て行った元夫ジミーのことを思うと、再婚は少し怖い。しかし、デックとの平穏な暮らしは愛している。12歳の娘マーリーンも、デックのことが大好きだ。シャーリーは、落ち込むデックに「このままずっと3人で暮らしていきたい」と言う。なんとなくごまかされたような気持ちになるデックだが、それでも今のこの平穏な生活が続いてゆくと思っていた。ところが、なんと街を出たまま行方知れずだったジミー(ロバート・カーライル)が、偶然にも『フェルツにおまかせ』を観ていたのだ。自分にもまだチャンスはありそうだ、と故郷に戻ってくるジミー。それも、通りがかりに強盗仲間の大金を奪って逃げてきたというトラブルつきだった。「自分たちを捨てたジミーなんて、関係ない」と言うシャーリーだが、デックは心配で仕方がない。ジミーはかつてこの街で一番のワルだけど、魅力的な男だったのだ。そして、シャーリーはパブでジミーと再会する。デックを愛しているのに、ジミーを前にしてシャーリーは動揺が隠せない。彼女の表情に、まだジミーへの愛が残っていることに気づいたデックは、マーリーンに慰められてどうにか自分を保っていた。父親の形見の時計をマーリーンの誕生日プレゼントにするが、男物の時計は13歳になろうとする彼女にはぶかぶかだ。だけど、そんなデックがマーリーンは大好きだ。マーリーンやキャロル夫婦の息子たちを連れてデックはある日ドライブに出かけるが、途中でシャーリーとジミーがふたりでいる現場を見てしまう。ジミーに嫉妬したデックは、彼を捜しにグラスゴーからやってきた強盗仲間の3人組に、ジミーの居場所を教えてしまう。ジミーがやっかいになっているチャーリーの家は3人組にめちゃめちゃにされてしまい、デックは自分が引き起こしたこの顛末に責任を感じ、シャーリーと別れ街を出ることを決意する。シャーリーはデックの優しさを想いながらも、マーリーンの実の父親はジミーであることを考え、チャーリー宅を追い出された彼を招き入れるが……。...

作品データ

原題 Once Upon a Time in the Midlands
製作年 2002年
製作国 イギリス
配給 クレストインターナショナル=エレファント・ピクチャー
上映時間 104分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • 「愛」とは、単純で複雑なものである ネタバレ! 前夫・ジミーへの未練を引きずるシャーリーと、彼女をひたすらにそ愛するディック。 お互いに愛しあっていても結婚へは踏み切れずにいた。 そんなとき、二人の前にジミーが現れる。 ジミーとディックとの間... ...続きを読む

    旅人 旅人さん  2013年11月13日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

家族ノカタチ
家族ノカタチ
2016年1月29日
¥1,620
スカパー!オンデマンド

他のユーザーは「家族のかたち」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi