キッチン・ストーリー
ホーム > 作品情報 > 映画「キッチン・ストーリー」
メニュー

キッチン・ストーリー

劇場公開日

解説

50年代にスウェーデンで実際に行われたという“独身男性の台所での行動パターン調査”をヒントに、調査員と調査対象者となった2人の中年男性の交流をユーモラスに綴ったコメディ。監督は、「卵の番人」のベント・ハーメル。

ストーリー

ノルウェーの田舎で一人暮らしをしている、年老いたイザックの元へ、フォルケという男がやって来た。主婦の台所仕事が世界的に重要視され始めた1950年代初頭。キッチン棚の大きさや調理台の高さなど、台所の国際的な規格が出来上がっていた。そこでは製品開発など多くの面で「行動心理学」が大きな役割を果たしており、1944年にスウェーデンで発足した「家庭研究所」では、「ノルウェーとフィンランドにおける独身男性の台所での行動パターン」についての調査が開始されようとしていた。フォルケはその「家庭研究所」の調査員であり、トレーラーで国境を越えてスウェーデンからノルウェーにやってきたのだった。イザックは「馬」がもらえるという理由からこの調査に応募していたが、彼が手にしたものはスウェーデン特産の赤い「馬の人形」だった。応募したことを後悔したイザックは、フォルケを家に入れることを拒否。しかし、数日後、ようやくあきらめたイザックの家の台所には、彼を見下ろす奇妙な監視台が設置された。調査される側と調査員との間には、「お互い会話してはいけない」「いかなる交流ももってはならない」などのルールが厳しく決められていた。一日中、黙って自分を見下ろすフォルケに気を許せないイザックは、キッチンを使わず寝室でこっそり調理をする。弱った体を心配して、時々友人のグラントがお茶を飲みに尋ねてくる以外は、イザックの家に人が出入りすることは無かった。お互い気まずい観察生活が続いたある日、ついにフォルケとイザックは口をきいた。ゆっくりと確実に深まっていく二人の距離。いつしか、お互いにコミュニケーションをとることが楽しみになっていた。イザックの誕生日。フォルケは自分のトレーラーにイザックを招待し、いっぱいのロウソクを立てたケーキでお祝いする。トレーラーの外には、楽しそうな二人を窓から見て、持ってきたケーキを手に帰ろうとするグラントの姿があった。楽しい日々を過ごす二人だったが、フォルケは調査員としてのルールを破っていた。ついに頭のかたい上司に知られてしまい、フォルケはクビを言い渡されてしまう。そんなフォルケにイザックは、自分と一緒にクリスマスを過ごさないかと提案する。しかし、イザックの提案を受け入れたフォルケの元へ上司マームバーグが現れ、「スウェーデンとの国境までトレーラーを運べ」と命じるのだった...

作品データ

原題 Salmer fra kjokkenet
製作年 2002年
製作国 ノルウェー・スウェーデン合作
配給 エスピーオー
上映時間 95分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全4件)
  • ルールを破った時、見えなかったものが見えてくる ネタバレ! 映画「キッチン・ストーリー」(ベント・ハーメル監督)から。 「ノルウェー・スウェーデン合作」と耳にして、 以前から、気になっていた作品であったし、 さらに、先日読んだ書籍「住み心地はどうですか?... ...続きを読む

    shimo shimoさん  2016年4月26日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 北欧の人々 高貴な王室とかじゃなく、独り暮らしの独身男性の家の台所を舞台に、国境を越えた男同士の奇妙な友情が芽生える話。 ほのぼの系かな。 ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2015年9月25日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 独特のテンポと空気感 ハリウッドには無い独特の空気感がよかった。 熱を出してトレーラーで寝込んでいるフォルケの代わりにイザックが自分で書き込むシーンなど全体を通して監督の優しい眼差しと映画への愛が溢れていて、内容もだ... ...続きを読む

    elle,f elle,fさん  2012年2月7日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「キッチン・ストーリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi