アンデッド
ホーム > 作品情報 > 映画「アンデッド」
メニュー

アンデッド

劇場公開日

解説

オーストラリアの新人兄弟監督が低予算で撮り上げ、その後口コミで拡がり世界各地の映画祭等で評判を呼んだゾンビ・アクション・ムービー。隕石の飛来で不死と化したアンデッドたちが町にあふれ、人間たちと殺し合いを繰り広げる。低予算を感じさせない画づくりと、適度なユーモアを織り交ぜた捻りのきいた演出が見もの。

ストーリー

静穏な田舎町のバークレーに、ある日突然大量の隕石が降り注ぐ。隕石に直撃され、即死者続出の凄まじい大惨事が展開するが、本当の悲劇はこの直後に待っていた。隕石に突撃され死亡した死者たちが、“不死者”(アンデッド)として蘇り、町の人間を手当たりしだいに襲い始めたのだ。さらに、彼らに噛まれた者は感染してしまい、自らも“アンデッド”へと変貌していき、町はほんの数時間で壊滅状態に陥ってしまう。同じ頃、町を出ようとしていたミス・バークレーのレネ(フェリシティ・メーソン)は、“アンデッド”の襲撃に逢い、必死の逃走を開始する。その時救ってくれたのが、町では変人扱いされているマリオン(ムンゴ・マッケイ)だった。追い詰められた彼らは、マリオンの経営する武器ショップに避難する。そこへ同じくアンデッドの襲撃から逃げてきた警官のハリソンとモリー、そしてウェインと妊娠中のサリアンヌも駆け込んで来る。しかし、一安心する間もなくアンデッドの襲撃が始まった!マリオンは特製の三連散弾銃を構えて“アンデッド”に応戦。なんとか脱出に成功し、町外れに車を走らせるが……。...

作品データ

原題 Undead
製作年 2003年
製作国 オーストラリア
配給 アートポート
上映時間 105分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

アンデッド アンデッド
アンデッド アンデッド
2013年5月31日 2013年12月27日
¥500 ¥315
ビデオマーケット ビデオパス
※プレミアムコースの場合 ※au IDが必要
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi