ヴァンダの部屋
ホーム > 作品情報 > 映画「ヴァンダの部屋」
メニュー

ヴァンダの部屋

劇場公開日

解説

ポルトガルの移民街に住む一人の女性の部屋を中心に、再開発のために取り壊されようとしているスラム街に暮らす人々の日常を赤裸々に捉えた衝撃のドキュメンタリー。監督は日本初紹介となる、ポルトガル期待の映像作家ペドロ・コスタ。自ら2年間に渡って一緒に暮らす中で捉えた過酷にして絶望的な状況を、無駄な動きを排した絵画のような美しい映像で綴っていく。

ストーリー

1997年、映画監督ペドロ・コスタは、リスボンにあるスラム街を舞台に、ある家族の運命を描いた劇映画「骨」をつくる。その出演者だったヴァンダ・ドゥアルテに「この映画は、ここで終わるはずがない」と言われたコスタ。その後、再び彼はスラム街に戻り、続編とも言うべきこ作品を手掛ける。この街に暮らす一人の女性、ヴァンダの日常を、デジタルカメラで、また少人数のスタッフで2年間追った。リスボンの市中にある取り壊されつつある街、フォンタイーニャス。アフリカからの移民が多く暮らす街だ。街中にブルドーザーやショベルカーの工事の音が響き渡っている。その中の、わずか3メートル四方の小さな部屋にヴァンダは住んでいる。その近所に暮らすヴァンダの妹・ジータと母。ヴァンダの姉は、何かの罪で刑務所にいるようだ。ヴァンダたちと一緒に暮らす赤ん坊は、おそらく、その姉の子供だろう。近くに住み、引っ越そうとしているパンゴという黒人の青年。パンゴと同居する友人パウロと時々訪れるルッソ。彼らは何をするでもなく、麻薬を吸引することにいそしんでいる。麻薬の影響なのか、ヴァンダはときおり激しく咳こむ。彼女の仕事は、野菜を売って歩くことのようだ。しかし、本当に商売をする気があるのかさえ、わからない。あいかわらず、街のあちこちでは、工事が続いている。街が消えつつある。彼らは、何を目的に、何をしたいのか?妹や母とのいつものような喧嘩。「いたいだけいていいよ」とヴァンダは、パンゴに言うのだった...

作品データ

原題 No Quarto da Vanda
製作年 2000年
製作国 ポルトガル・ドイツ・フランス合作
配給 シネマトリックス=シネヌーヴォ
上映時間 180分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.3 4.3 (全1件)
  • スゴイ 「こんな映画、他にないから観たほうがいいよ」と薦められて、鑑賞。 固定カメラか切り替わる度に、「あぁスゴイ」とうっとりする映像の連続。 極上の写真集か、バロック期の画集をめくるような喜びがあった... ...続きを読む

    Raspberry Raspberryさん  2014年11月11日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ヴァンダの部屋」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi