女はみんな生きている
ホーム > 作品情報 > 映画「女はみんな生きている」
メニュー

女はみんな生きている

劇場公開日

解説

フランスのアカデミー賞であるセザール賞で5部門のノミネート、娼婦を演じるラシダ・ブラクニに最有望若手女優賞受賞の快挙をもたらした女性ドラマ。監督は「赤ちゃんに乾杯!」のコリーヌ・セロー。主演は「奇人たちの晩餐会」のカトリーヌ・フロ。

ストーリー

平凡な主婦エレーヌは、夫ポールと二人暮らし。大学に通う息子ファブリスは、アパートを借りて彼女と同棲中。自由を満喫したいファブリスにとって、いろいろと世話を焼いてくる母親はただ鬱陶しいだけの存在だった。会社を経営している夫は、エレーヌのことを家政婦か共同生活者としか思っておらず、田舎からはるばる会いにくる母親に会おうともせず、自分勝手な日々を送っている。そんな男たちに、振り回されっぱなしのエレーヌ。ある夜、着飾ったエレーヌとポールはディナーパーティへと車を走らせる。すると通りの向こうから血まみれの女が駆けて来た……。...

作品データ

原題 Chaos
製作年 2001年
製作国 フランス
配給 アスミック・エース
上映時間 112分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全3件)
  • ぼやついた 出てくる男が皆、愚かです。 はじまってすぐ、激しい暴力シーンがあります。 ちょっと、ぼんやりした感じはありました。 ...続きを読む

    Ayaka Ayakaさん  2016年7月21日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ラストシーンが好き!女性が何時までも元気に生きるのは素晴らしい! この映画のラストシーンは痛快で、しかも心がホッと安堵し、何とも心地良く、前半の先が読めない物語の展開から打って変わり、スリルの連続後に静かな余韻を味あわせてくれた良い作品で、地味だけど好きな作品... ...続きを読む

    Ryuu topiann(リュウとぴあん) Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん  2012年4月25日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 男をギャフンといわせて痛快! 好き勝手なことをする夫や息子がアタフタしたり、さらには無情で手ごわいマフィアのお兄さん、おじさんまでが……、というような痛快としか表現しようがないストーリー。 ストーリーは、夫と息子に家政婦のよ... ...続きを読む

    chocolate chocolateさん  2007年3月13日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

女はみんな生きている[DVD] ノンフィクション[DVD] 大統領の料理人[DVD] アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵[DVD]
女はみんな生きている[DVD] ノンフィクション[DVD] 大統領の料理人[DVD] アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵[DVD]
発売日:2004年6月11日 最安価格: ¥4,060 発売日:2007年5月3日 最安価格: ¥4,158 発売日:2014年4月16日 最安価格: ¥3,175 発売日:2007年4月25日 最安価格: ¥3,201
Powered by 価格.com

他のユーザーは「女はみんな生きている」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi