サロメ(2001)
ホーム > 作品情報 > 映画「サロメ(2001)」
メニュー

サロメ(2001)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

若い娘が踊りの褒美に男の首を要求するという古典悲劇『サロメ』の舞台と、フィクション・シーンを絡めたフラメンコ映画。監督・脚本は「タンゴ」のカルロス・サウラ。主演・振付は元スペイン国立バレエ団の芸術監督である世界的ダンサーのアイーダ・ゴメス。共演は舞台を中心に活躍するペレ・アルキリュエほか。2002年モントリオール映画祭芸術貢献賞受賞。

ストーリー

伝説のフラメンコ・ダンサー、アイーダ・ゴメスが、舞台のリハーサルを始めている。その舞台を演出し、さらに映画に撮るため、監督(ペレ・アルキリュエ)がスタッフたちと話し合っている。やがてアイーダは自身のことを語り出すが、音楽が流れてダンサーたちが登場すると、舞台は古代ローマ時代へと変わる。ガリラヤの領主である義父ヘロデ王(パコ・モラ)の心を、妖しい美しさで奪って離さない王女サロメ(アイーダ・ゴメス)。ヘロデは自身の誕生日の宴で、サロメの踊りを要望する。しかしサロメは応じない。彼女の心は、洗礼者ヨハネ(ハヴィエル・トカ)に向けられていた。彼をあらゆる手で誘惑するサロメだが、神のもとで生きるヨハネにその試みは届かず、サロメは苛立つ。やがてヘロデの願いを叶える決心をしたサロメは、七重の薄衣をまとい、激しく踊りながら一枚ずつ脱いでいく。サロメの裸身が月光に包まれると、ヘロデは彼女に望みのものを問いかける。するとサロメは、ヨハネの首を要求するのだった。...

作品データ

原題 Salome
製作年 2001年
製作国 スペイン
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi