四枚の羽根(1939)
ホーム > 作品情報 > 映画「四枚の羽根(1939)」
メニュー

四枚の羽根(1939)

解説

イギリス作家A・E・W・メーソンの同名の小説二度目の映画化(第一回は二九年パラマウント)で、「邪魔者は殺せ」のR・C・シェリフが脚色、「バグダッドの盗賊(1940)」のゾルタン・コルダが監督した。撮影はジョルジュ・ペリナール、音楽はミクロス・ローザ(共に「バグダッドの盗賊(1940)」)。主演は「鎧なき騎士」のジョン・クレメンツ、「アンナ・カレニナ」のラルフ・リチャードソン、「若草物語」のオーブリー・スミス、「バグダッドの盗賊(1940)」のジューン・デュプレエで、以下ジャック・アレン、ドナルド・グレイ、フレデリック・カリーが助演。

ストーリー

一九世紀末葉、ハリイ・フェイヴァシャム(ジョン・クレメンツ)は由緒ある武人の家に生れながら戦争を嫌い、親友ジョン・ダランス(R・リチャアドスン)、アーサア・ウィロビイ、ピーター・バロウズらがエジプトに出征した時、軍籍を退いた。友人達は彼を卑怯者として絶交の印に白い羽根を送り、婚約者エスネ(J・デュプレエ)も心中彼の臆病を哀しんだ。ハリイは羽根の恥辱を雪ごうと単身エジプトに渡り、日射病でたおれ盲目となったジョンを、原住民に変装したまま名も告げずにイギリスに帰した。エスネはジョンの持帰った羽根によってハリイの生きていることを知った。一方ハリイは、捕虜となったアーサアとピータアを救おうとして友軍と呼応し、原住民軍を打破った。本国ではジョンがエスネに想いを寄せていたが、ハリイが真の勇気を示したことを知ると、すべてをあきらめた。エスネがハリイを許した時、友人達は彼に羽根の返却を願い出た。...

作品データ

原題 The Four Feathers
製作年 1939年
製作国 イギリス

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • 四枚の羽根 原作は1902年に書かれたもの。サイレント時代から6回も映画化されている英国人好みの作品。今観られるのは 1939年製作の「四枚の羽根」と邦題は代えて「ナイルを襲う嵐」近作「サハラに舞う羽根」の... ...続きを読む

    hero heroさん  2011年8月22日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

世界の戦争映画名作シリーズ 艦隊航空隊[DVD] 第二次世界大戦 戦争映画傑作シリーズ 終りなき戦い[DVD] 四枚の羽根[DVD] 四枚の羽根[DVD]
世界の戦争映画名作シリーズ 艦隊航空隊[DVD] 第二次世界大戦 戦争映画傑作シリーズ 終りなき戦い[DVD] 四枚の羽根[DVD] 四枚の羽根[DVD]
発売日:2014年5月2日 最安価格: ¥2,388 発売日:2015年10月2日 最安価格: ¥2,388 発売日:2014年6月27日 最安価格: ¥1,029 発売日:2005年1月25日 最安価格: ¥2,479
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi