天使の肌
ホーム > 作品情報 > 映画「天使の肌」
メニュー

天使の肌

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

一夜を共にした男女がそれぞれ自身を再生させていく姿を描いたラヴ・ストーリー。監督・脚本はこれが長編デビューとなる、「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」などの俳優として知られるヴァンサン・ペレーズ。共同脚本はこれが長編デビューとなるカリーヌ・シラ(出演も)と、「ルーヴルの怪人」のジェローム・トネール。撮影は「男と女、嘘つきな関係」のフィリップ・パヴァン・ドゥ・セカティ。出演は新鋭のモルガン・モレ、「ポーラX」のギヨーム・ドパルデューほか。

ストーリー

田舎を出て街に働きに出た少女アンジェル(モルガン・モレ)は、母親を亡くしたばかりという青年グレゴワール(ギヨーム・ドパルデュー)と出会い、彼に誘われるままホテルで初めて男性と一夜を共にする。グレゴワールにとってそれはただの慰めの一時だったが、アンジェラは彼を運命の男だと信じ込む。彼女は、グレゴワールがグルニエ製薬会社の社員だと知り、同社に勤めているフェーヴル氏(オリヴィエ・グルメ)の家に住み込みで働くことにする。ところがフェーヴル氏が殺人事件を起こし、アンジェルは共犯だと思われ逮捕、刑務所に入れられた。一方、グレゴワールはグルニエ社長(ローラン・テルズィエフ)に巧く取り入り、彼の娘ロール(カリーヌ・シラ)と結婚。しかしアンジェルが自分のことを知っていると聞いて驚き、刑務所に面会に行く。そのあと、フェーヴル氏が自供してアンジェルは釈放。刑務所の隣の修道院で働き、まもなく死んでいった。グレゴワールは妻が妊娠して愛に目覚め、母の墓参りに出向くのだった。...

作品データ

原題 Peau d'Ange
製作年 2002年
製作国 フランス
配給 アスミック・エース
上映時間 85分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi